FC2ブログ

民俗学者、菅江真澄が愛した秋田

 釣瓶落峠を過ぎると、秋田県藤里町側はほとんどが舗装はされていますが道幅が狭く、くねくねしていて車がすれ違えないような細い道が続くため、カーブミラーを頼りにしての運転になります。時折落石の跡が見られるので慎重な運転が必要です。

詳しい地図で見る
 30分ほどで太良峡に到着しました。ここは江戸時代の有名な民族学者、菅江真澄(1754年~1829年)という人が訪れて詩歌や随筆、絵図(スケッチ)を書いた有名な場所で、このように沢がまるで木の枝のように分かれています。三河の国(現愛知県豊橋市)に生まれた菅江真澄は「真澄ほど秋田を歩き、秋田をしるし、秋田を愛した人はいない」と言われたほど、秋田ひいきで有名な人だったようです。


 太良峡にかかる赤いアーチ型の橋です。滝や奇岩、怪石があるということですが楽しみはシェルパでのツーリングにとっておいて先を急ぐことにします。


 左手に「峨瓏の滝」の案内看板が見えたため立ち寄ってみました。立札の写真の左のほうに「へびに注意」の表示が…蛇は苦手ですがそのくらいのことでは引きません。ナ~ハッハッハ。


 これが峨瓏の滝です。滝のそばに神社が建っているところを見ると昔から信仰の滝だったようです。上流にもうひとつ別な滝があるようですが、時間がない(へびが出る?)のでパス。…さっきと矛盾↓


 さらに10分くらい走ると右側に「権現の大銀杏」の案内看板を発見、寄ってみることにします。立札を見ると銀杏の大樹としては極めて稀な大きさと書いてあります。高さ24.2メートル幹の周囲8.5メートルはさすがに大きいですね~。


 御覧のように神社のすぐそばに大銀杏(なにかお相撲さんの髪型のような名前)がありました。神社のほうが後で建てられたのでしょうか?それとも銀杏が後?神社の左が大銀杏、右の木は違います。(葉っぱの形でわかりました)


 近くで撮ってみました。幹の太さがわかると思います。離れてこの大樹の全容を撮ろうと思いましたが、どうしても他の木が邪魔になって無理でした。


 この後は、平坦なのんびりとした道を走って二ツ井町に抜けて国道7号線に出て帰路につきました。よ~し、次回は道を選ばないシェルパで、枝道を走破してやるぞ~(完)
関連記事

コメント

No title

素晴らしい大銀杏ですね~
幹の太いことからも、かなりの年代が経っていることが見受けられますよね!
紅葉の時期が楽しみな気がします。

そして、峨瓏の滝、心が安らぎます^^ ぽちっ☆

URL | kurumi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Kurumiさん、ありがとうございます。菅江真澄なる人物、実は私は初めて知ったのですがかなり興味をひかれました。Kurumiさんのブログの傾向を見るとこういった人(日記、絵図、地誌、随筆…)に興味おありではないかと思いました(笑)滝と大樹のネタはなにかノスさんと似てきたのかな~?真似ではないんですがね~(再笑)

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

日本は小さいようでもの凄く広いですよね!

まだまだお釈迦様の手のひらから出る事は出来ないようです ><

太良峡のあたりは景観を考えてか、ガードレールの色にまで細かな気配りを感じますよ (*^-^*)

いつか、日本列島を北上したいですねε=ε=┏( ・_・)┛ すたこら

URL | ノス ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ノスさん、北のほうにも来て下さい。私は水先案内人します(笑)そうしたら林道野宿主義「ナチュラルツーリング」の寺崎勉と太田潤のような感じで楽しく走りましょう↑

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

きれいですね^^
画像が 清清しいです!
ツーリングしたら 気持ち良いでしょうね。
大樹もすばらしい! 樹を眺めていると おもしろいですよね。
木の枝って どんな 小さな枝も空を目指しているようにみえます。
すばらしい景色にポチ^^。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

みぃ~さん、ど~もです。車で地方を走っていると時々はがゆくなりますね…なぜバイクでないんだろうって。でもバイクツーリングの下見を兼ねてると思えばいいんですよね(笑)今回のルートは青森県側がほとんど砂利道なので、オフ車がベターだと思いますが、秋田側から入ってつるべおとし峠でUタ~ンするならワインディングがすごく多いので125CCクラスの2ストレプリカ軽量マシンがいいのかも知れません。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

男鹿より北に位置するのですね! 一度は訪れてみたいと前々から思っていますが、遠かぁ~♪(笑) 定年後かな!?

URL | yesmac ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

豊前あまごさん、川の写真を撮れなくてすみませんでした。日本列島は細長いので、南に住んでるかたは北、北に住んでれば南に行ってみたいという願望は結構多いのかも知れませんね。 福岡~仙台の飛行機もあります(私も平成17年に仕事で乗りました)ので、定年後と言わずに東北にいらしてください。そしてゴルフをしましょう↑(笑)私が案内します。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

大銀杏、いかにも精霊が宿っていそうな大木ですね。
峨瓏の滝も美しいです。美しすぎます!!
大自然は偉大です。
(こんなの見せられた日にはポチらずにはいられません。笑)

URL | コビー ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ジュンさん、ありがとうございます。ところで滝のそばや、銀杏のそばにある木にお気づきでしょうか?そうです。ブナです。白神山地の主役はブナの原生林です。非常に懐の深い神秘的な大自然を体で感じた今回の冒険でした。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

すごい秘境ですね。
菅江真澄はこの秘境をじっくりとなめるように歩いていたのでしょうね。
奇岩や流れ落ちる滝、そういった場所にたたずんでは着想を練る。
思考が広がっていく…。そんな姿が想像されます。

それにしても銀杏の木と神社の関係は深いのでしょうね。
私が先月訪れた宮城野八幡神社もそうです。
鶴岡八幡宮の大銀杏は倒れてしまいましたが、切り株から次世代の芽が育っていると聞きます。
ブナも倒木から次世代の芽がでるらしいですね。

URL | ☆アツ☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アツさん、彼は好奇心、探究心がひと際旺盛な人物だったようです。そういう意味で菅江真澄の気持ちには相当の共感を持ちますね(笑)

でもこの飛び抜けた探究心も記録に残さなければ後世に残らなかったでしょう。
似たような話?ですが、S・ホームズの活躍もJ・ワトソンの地道な記録抜きでは伝わらなかったというコナンドイルの発想を思い起こしました。

でも真澄は探究と記録を一人でやってのけたという意味で非凡さを感じます。
そんな意味で彼を〓日本版のダーウィン〓と言ってもいいような気がします。
今なら間違いなく文化勲章ものでしょう。
この時代にこれだけのものを残した彼に改めて敬意を表したいと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

一度,藤里は行ってみたいと思っています(^-^)/

URL | オールドハードロッカー ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

オールドハードロッカーさん、藤里はいいところです。大銀杏は見ものです。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

相互トラックバック終了しました!

実は自分も菅江真澄にものすごく興味を持っております。
なのでとても嬉しいです。
彼の人生に津軽と秋田が大きく関わっていることから、歩くたびに
碑を見ると感激します。

津軽ダムもコンクリートの打ち込みが完了しました・・・
昨年はダンプとすれ違いが大変で途中で藤里断念しました!
相方はツーリングで何度も楽しんでいました。

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、菅江真澄の生き方には共感をいざなわれます。
この時代にこうして旅をして歩いた意義は極めて大きく学術的にも文化的にも価値の高い紀行と捉えております。
津軽ダムはしばらく行っておりませんが完成した暁には足を運びたい所存です。
昨日はトラックバック先にコメントを頂き、また相互トラックバックを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)