fc2ブログ

世界遺産、白神山地の山岳道路の走破に挑む

 きょうは世界遺産、白神山地の東側の山岳道路(冬期は豪雪のために閉鎖される)西目屋二ツ井線を通ってみたので、その概要をお伝えします。県道28号線から目屋ダム(津軽ダム建設中)の南側湖畔を通ってTの字の交点を南に行き県境の釣瓶落(つるべおとし)峠(地図の+のところ)を経由して秋田県の藤里町に抜けるルートです。

詳しい地図で見る
 この山岳道路の名前が立て札で確認できます。青森県側はこのようにほとんどが砂利道です。


 道路はこのようなせまい峡谷をえぐられるようにして作られたようです。…やはり白神山地は秘境ですね~。


 T字路から10分くらい走ると、御覧のようにわずかながら雪渓が確認できます。6月になってもまだ雪があるなんて…山菜とりの人がたまに路肩に車を停めて山に入っているようです。


 T字路から40分くらい走ると、森と秋田の県境の釣瓶(つるべ)トンネルの入口です。全長157メートルですから、そんなに長くないトンネルです。(後編に続く) 



 
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)