fc2ブログ

弘前で二番目に古い鉄筋コンクリートの建物

 津軽出張時に行った旧弘前無尽㈱社屋(三上ビル)を紹介します。この建物は大正15年に着工、昭和元年に竣工した弘前市内の中心地(弘前公園の近く)にある当時流行したアールデコ調のデザインで、弘前市内では2番目に古い鉄筋コンクリートの建物です。3階部分の窓の凝った装飾などはまさに大正ロマンと言えるのではないでしょうか?


 1階には喫茶店「珈琲時代屋」が入っています。弘前公園が近いということで観光客もよく訪れるようです。この建物は弘前市から「趣のある建物」に指定されています。太宰治は弘前市のことを「ここは津軽人の魂の拠りどころである」と表現しました。津軽文化の集まる地とでも言うのでしょうか?青森県内では古い建物が一番多い都市です。


 この地図でもわかる通り、弘前城(弘前公園)とは目と鼻の距離にあります。喫茶店「珈琲時代屋」で飲む珈琲もレトロな味がするのでしょうか?

詳しい地図で見る
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)