fc2ブログ

哀愁漂う津軽三味線

津軽の音楽と言えば津軽三味線です。今日、宿泊先で津軽三味線の弾き手のかたを見つけ写真撮影を申し出たところ、快く応じていただきました。右の女性が三上英美子さん、左の男性が五十嵐清勇さんです。ちょっとだけ演奏を聴かせていただきましたが、テンポが速く力強いなという印象を受けました。厳しい冬を耐え抜く津軽の人の強さ、「じょっぱり」(いじっぱり、頑固者)という言葉に代表される情熱を感じさせる音色です。


これが津軽三味線の全体です。


棹(さお:ギターのネックに相当)の部分です。木の材質は東南アジア原産の紅木(こうき)で仕上げは津軽塗りの美しい装飾がされています。


これがばちです。材質は鼈甲(べっこう)でこれも美しい装飾がされています。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)