FC2ブログ


昭和ロマンと言えるかどうか微妙ですが、先日青森市内の繁華街で見かけた硝子ブロックで外壁を貼った床屋さんです。硝子ブロックは現在ほとんど使われていなし、このように大きな面積の外壁をこの材料で覆った建物は少ないと思います。オーナーのデザインへの「こだわり」を感じました。

関連記事

コメント

No title

これ!硝子ブロックって言うんですか?

昔の体育館や病院によく使われてました!!! (*≧∀≦*)

URL | ノス ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ノスさん、今は硝子ブロックの建物少なくなりましたね。たぶん中は明るく快適なサルーンだと思います。思わず入りたくなる床屋さんです。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

そうですね、昔は病院でよく使われていた記憶があります。
最近は殆ど見かけなくなりましたね~

壁なんだけど、外からの太陽の光が柔らかく入りますから
とても明るくなりますよね。

URL | kurumi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

全面貼りは初めて見ました!(笑)

URL | yesmac ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Kurumiさん、これも昭和の古き良き時代の遺産と思って取り上げてみました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

豊前あまごさん、この建物は鉄骨造ALC板貼りだと思いますが、床屋さんの一角の外壁のみ全面硝子ブロック貼りでした。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こういった素材もあったのだと、過去形で思いました。
これがバーだったら、中の光が外に漏れて面白いデコレーションになりそうだなと思ったりします。

URL | ☆アツ☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アツさん、それはグッドアイディアですね!
このデザインならショットバーというところでしょうか。
夜にライトアップするとガラスブロックの素材の良さが活きて面白いと思います。
こんな洒落たところで飲む酒はさぞかし美味いでしょうね。
この床屋は青森では印象に残った建物です。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。

これはこれは芸術的な床屋さんですね!
やはり髪のデザインをするだけあって、店主さんの拘りすごいですね!
椅子に座った時、どんな光を感じるのでしょう・・・
私は夕日を感じてみたいなぁと思いました^^
地震で大丈夫だったのかしらとふと思った次第です。
トラックバックありがとうございました。

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、古い記事へコメントを頂き感謝しております。ところで、この床屋さん、今でも残っているのでしょうね。
我ながら懐かしい気が致しております。店主のこだわり、それがしも同感にごさいます。
相互トラックバックを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)