fc2ブログ
 Cheap Trick - The Flame 
リンク曲について
今週も無事に一週間が過ぎ去った。今更という気もするが、今の自分には現役時代のような切羽詰ったものがなくなり、ようやく世間を広く見渡せる心境に近づいたのかも知れない。このような心境に至るまで、様々な困難が己の前に立ちはだかったわけだが、だた一つだけ自慢できるのは、自分はその困難から絶対に逃げることだけはなかったということである。こうした姿勢は武士道によってもたらされたものであるが、これからも命ある限り続けたいと思っている。その奥底には敬愛して止まない先祖のことがある。自分の心の奥底には、先祖に対して顔向け出来ない生き方だけは絶対にしないという固い契りが存在するのである。

それでも人間は所詮弱いものである。どんな聖人だろうが根を詰めてばかりでは生きられない。普段身につけている鎧兜を脱ぎ、肩の力を抜き酒を飲み人心地を取り戻す。自分にとってそんなシチュエーションに似合うのが80年代の洋楽である。今宵も酒を飲み、そろそろほろ酔いに差し掛かってきた。来週の月曜日に振り替え代休を取得したので、明日からは再び三連休である。然らば少しくらいは羽目を外したいのが人情というものである。

本日はブロ友様との相性について語りたい。今の自分は「義」を重んじてブログを運営している。自分を取り巻くブロ友様の個性は様々だが、今の自分はその一人一人の個性を尊重して、サイトを訪れ、話を自分から合わせるよう心掛けている。自分の話したいことは控え、聞き手に回るということである。これは数年間に渡る修行で身につけた新たな指向である。

自分はこうした価値観を人様に押し付けようなどとは微塵も思っていないが、一方的に自分のことだけを告げ、人の話を聞こうとしないかたとは別れも致し方ないと考えている。先日も述べたが、自分にとっては「沈黙は金であり、雄弁は銀である」この逆は在り得ない。それは自分の核を為す儒教思想に相反するからだ。これが「本質的な横町の人間性」と考えて頂いて結構である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本日の朝、私は新しいCafeを開拓した。CAFFE VELOCE(カフェ ベローチェ)仙台広瀬通駅前店である。

店内は明るい色を基調とし寛げる空間となっている。

Google航空写真でカフェ ベローチェの位置を確認して頂きたい。
黄色:一番町
橙:中央通り
住所:仙台市青葉区中央2-9-16 朝日生命仙台中央ビル1F2-9-16 朝日生命仙台中央ビル1F
営業時間:7:00~23:00

私が陣取ったのは一回の突き当たりの席である。絵画も飾ってあり非常に雰囲気がいい。ここで読みかけの歴史小説「菜の花の沖」(著者:司馬遼太郎)を読んだ。

このCafeは仙台の目抜き通りである一番町と中央通りのほぼ交点に位置する店である。然らば、この辺りは多くの先人が想いを寄せた場所(仙台の一等地)に違いない。私はたったこれだけでこの店を再び訪れたいという気持ちを強くしたのである。

横町挨拶
自分のホームグランドはサンマルクカフェですが、今回開拓したカフェ ベローチェはサブホームグランドとなりそうな予感がしています。週末の夜になるといつも酒に飲まれる私ですが、本日は少しばかり余裕をもって記事を書いています。ブロ友様の皆さん、今回もいい週末をお迎えください。本日もご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)