FC2ブログ


現在、KR500を知らない人は多いだろう。このマシンは1980年~82年の間、カワサキがワークス体制で、世界GP500CCクラスに参戦したときのものである。

最大の特徴はガソリンタンク兼用のモノコック構造(エンジンを上から吊る)のフレームに水冷2サイクルスクエアフォーのエンジンを搭載した点である。「ライムグリーンの異色マシン」と言われ注目を集めたが、名ライダー コーク・バリントン(過去にカワサキワークスのKR250をもって世界GP250CCクラスを制覇)のライディングをもってしても、大きな成果をあげられなかった。81年のフィンランドGPの3位入賞が最高位にとどまる。

あれは確か81年だったと記憶しているが、英国のシルバーストーンサーキットでコーク・バリントンがケニー・ロバーツらとトップ争いをしているシーンがTVで上映された。一時はKR500はトップにおどりでたが、惜しくもマシントラブルでリタイアした。歴史に「たられば」はないが、このときマシントラブルがなければKR500は悲運のマシンで終わらなかったであろう。

私はこの悲運に終わったこのマシンを熱烈なファンとして、そして現代にその存在をアピールするためにこのマシンを製作した。その名は「コーク・バリントンレプリカ」…カスタムパーツとしては性能を重視した上でBEET製、ピットクルー津田沼製のパーツを使用。また公道走行に支障ない範囲で軽量化を行なっている。

カワサキKR500は次の川崎重工HPで紹介されています。http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/msinfo/history/index.html

関連記事

コメント

No title

このシート よく見付けましたね♪
まもなくKR1000復活予定で~す♪(笑)

URL | yesmac ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

豊前あまごさん、是非復活させてその勇姿を見せてください。できればツルンで走りたいですね~。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a257.gif">
このKR見たい触りたい乗りたいですねぇhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a350.gif">
私のが完成したら雑誌にでも年甲斐もなく投稿してみようかと思います。
人に見せたい気持ちはあります。
でもそれは見せびらかしではなく、同じように80年代青春を過ごしていたモータースポーツファンの方々の心に呼びかける・・・。
なぁ~んツッて(笑)

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

RothmannsHonndaさん、70年代~80年代は2輪を問わずモータースポーツは個性のある活気のあるよき時代でした。この雰囲気大切にしていきましょう。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

バイク良いですよね~。良い感じに撮れてますよ!!
自分は免許もってないので乗れませんが、鑑賞は大好きです。
昔読んでた『疾風伝説 特攻の拓』っていう不良漫画で色んな種類のバイクが出てくるのですが、それでかなりバイク好きになりました。FZR250RR、ゼファー400、SR400等など色々勉強しました。
あぁ~、一度乗ってみたい…笑。

URL | コビー ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ジュンさん、お褒めのことばありがとうございます。私の偏見かも知れませんが、世間からはストーンズもカワサキも不良っぽいところがあるように見られてます。でも不良のようで不良でない(自分では客観的に見られないのでわかりませんが…)と思ってます(笑い)

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

エアロシャークといいビートのチャンバーといい懐かしいパーツが付いていますね。
カワサキのライムグリーンとHBΓの黄色は虫が寄ってくる色でした。

URL | nash ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

74 nashさん、このBEETチャンバーのサイレンサーが偶然、KR500
のものと似ていたのはラッキーでした。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

かっいいなぁ~~~
私は、サーキットが好きでよく出かけました。
あの カストロ匂いがたまりません!
BEETチャンバーとか なんか 懐かしい響きです^^

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

みい~さん、「ライムグリーンの異色マシン」という表現はKR500のデビュー当時言われていた言葉ですが、バイク雑誌でこのマシンの写真を見たときにKRシリーズの名に恥じないカワサキの独創的なデザイン(アルミ地肌のタンク、武骨に角ばったフォルム、黄緑のボディーカラーとスポンサーステッカーPIONEERetcのバランス)と斬新なメカニズム(エンジン搭載方法、足回り…)に大きなショック!!を受け、「いつかはこの異色マシンに乗ってやるんだ」というこだわりを持ちました。

今日、現代によみがえった異色マシンに乗れたことをうれしく、そして誇りに思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)