fc2ブログ
 100分de名著『 南洲翁遺訓 第1回 揺らぐ時代 』 
NHKテキスト100分de名著(監修:先崎彰容氏・日本大学危機管理学部教授)で「南州翁遺訓」を読んだ。読んだだけでは物足らないのでYOUTUBE動画(25分×4編)を何度も繰り返して見た。この番組は今年の一月から始まった大河ドラマ「西郷どん」放映に伴い企画されたものと察している。

司馬遼太郎は「翔ぶが如く」の中で西郷隆盛のことを「島津斉彬の弟子でありながら維新後の青写真を持たず云々」と書いているが、恐らく西南戦争を起こした際の大義のなさがそう言わせしめるのでないだろうか。確かに西郷は一本気で、且つ義理堅い人物であった。奄美大島や沖永良部島に島流しされたときの「西郷どん」の暮らしぶりを見れば、彼の人柄の一端がよくわかる気がする。

但し、彼は単に義理堅いだけの人物ではない。革命家として鬼気迫る一面も有していた。革命家・西郷は儒教を重視した人物でもあった。彼は江戸幕府の組織統治に利用された朱子学よりも、陽明学に共鳴したのである。

朱子学と陽明学は同じ儒教思想でありながら大義において異なる。朱子学は秩序を重んずる思想で、将軍を筆頭とした江戸幕府のヒエラルキーを維持するのに、とても都合の良いイデオロギーであった。これに対して陽明学は天人合一天と人とは理を媒介にして一つながりと考えるもの)で朱子学との共通点を見ながらも、知行合一知識と行為は一体でなければならないという思想)を礎とした思想である。西郷こそは新しい時代を造るがゆえに、危険性を帯びた陽明学を百も承知で、思想の礎に置いたと私は考えている。

西郷は先日紹介した佐藤一斎(幕府の教育の中枢機関・昌平坂学問所で儒教を説く)からも大きな影響を受けた人物であった。佐藤一斎は陽明学への共鳴を表明できない立場ながらも、根底において陽明学を信奉したとされる。彼の代表的著物「言志四録」から引用した言志四録手抄101箇条は西郷が死ぬまで肌身離さず身につけていたものとされる。

また西郷は三島由紀夫にも影響を与えた人物であった。理想を抱くだけなら誰にでもできる。但し実行を伴うということになるとそうも行かない。三島由紀夫の壮絶なまでの死生観には、西郷の信条とする敬天愛人(天を畏れ敬い、人を敬う志向)、知行合一思想との接点を見る気がする。さて前置きはこれくらいにして、今回のシリーズで印象に残ったフレーズを箇条書きでいくつか掲げたい。

※以下「南州翁遺訓」から抜粋(現代語訳:猪飼隆明)
1、陽明学的な見地:天から与えられた道を実践する者には、災厄はつきものであるから、そんな時、そのことがうまくいくかどうか、その身が生きるか死ぬかといったことなど、どうでもいいことなのだ。

2、敬天愛人思想:道は天地自然の道なるゆゑ、構学の道は「敬天愛人」を目的とし、身を修するに克己をもって終始せよ。

3、政治家として持つべき理念:君に忠に、親に孝に、人を思いやり慈しむという徳目の実践を促すことこそ、政治の基本である。

4、政治を司る者が守るべきこと:節操を守り、義理を重んじ、恥を知る心を持つこと。このような姿勢を持たないなら、国は維持できない。

5、列強に対して持つべき姿勢:国のために、正しくて道理のあることを実践して、後は国とともに倒れてもよいと思うほどの精神がなかったら、外国との交際はうまくは運ばない。


横町挨拶
歴史を考察するのにもっともいけないのは先入観を持つことです。私はこの本を読むまで西郷隆盛のことを、古色蒼然とした頑固が取り得な人物として捉えていましたが、読本によりそのイメージを払拭するのに十分な内容が得られました。彼は、日本が列強から植民地化されないことを真剣に考えた人物でした。それがゆえに思想的に革命的危険因子を含んだ陽明学と結びついたと捉えています。

それと、司馬遼太郎は西郷のことを「日本で最初の野党的な立場の人物」とも述べていますが、野党には政治の腐敗を牽制し、防止するという大切な役割もございます。然らば、国の将来を想い己を律することができる西郷だからこそ、司馬遼太郎はそういうイメージを受けたのでは?と考えています。

さて、大河ドラマ「西郷どん」も、いよいよ佳境に入ってきたようです。私は時間があったら時折見る程度ですが、維新後に同じ東北の藩である庄内藩に対して優しい対応で臨んだ西郷には殊のほか親近感を抱いています。(薩摩の征討監督参謀の黒田清隆は西郷隆盛の指示によって、庄内藩主・酒井忠篤を処刑せず、磐城への転封にも寛容なる対応をもって接した。)

100分de名著の第一回でも紹介されたように、実は「南州翁遺訓」を書いたのは旧庄内藩の人物でした。西郷の人情の厚さが東北の庄内の人の心に響いたのです。内に激しいものを秘めながら、それを周囲には感じさせない。それが今尚続く西郷の人気の秘密であり、懐の深さなのかも知れません。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)