fc2ブログ


待ち合わせた社員と奄美空港隣の西郷レンタカーで車(真っ青のマツダデミオ)を借りて二人で乗り込む。しばらく行くと道の両側に花が咲いている。(ブーゲンビリアらしい)ここ奄美大島では一年中花が咲き乱れているとのこと。車内で奄美の有名な画家(後で思い起こせば田中一村のことらしい)の話や「島の名産のぽんかんという果物がおいしい」などと興味深い話を聞かされる。

さほど長くない二つ目のトンネルを抜けると徐々に町場らしい風景が開けてきた。名瀬市(現奄美市)だ。名瀬市は島の中にありながらそこそこに拓けた港を有する街という感じだ。車や人の往来も賑やかで活気がある。名瀬市を過ぎると道路が曲がりくねってきた。海岸線を走ったり緩やかな山の中を走ったり…奄美大島は奄美諸島の中では山が険しいので、山あり海あり漁村ありといった変化にとんだ景色が見られるのだ。

名瀬市から大和村の現場まで結構かかるのかな?と思っていたら意外にも30分ほどで現場に到着、客先に挨拶を済ませる。夕方になると南国奄美といえどもやや寒くなる。(それでも薄いジャンバー程度で大丈夫)定時になって薄暗くなったところで宿に向かう。宿は現場から名瀬市方向に行って6~7分ほどの民宿である。(事前に宿の情報を見ると釣客歓迎、イセエビ料理が自慢…とある)今夜は現場の職人と他の社員も一緒なので、今夜は宴会となりそうだ。民宿の外壁の仕上げは板張りで寒い地方では考えられない簡素な家の造りである。家族で民宿を切り盛りしているようで家庭的雰囲が感じられる。60前後のがらがらした(パンチパーマのような髪型をした)おばちゃんは私が仙台から来たという話を聞いて驚いた様子だった。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)