fc2ブログ


学生時代、通学の足CB50JXでバイクの魅力を知った私はより速い、そして個性のあるバイクを求めてバイク雑誌を読みあさり、マッハ250SSに乗りました。このバイクは通学とツーリングというより、近くの峠を攻めによく乗っていました。

そんな時確か76年だったと思いますが、第1回TBCビックロードレースフォーミュラー750CCが地元のスポーツランド菅生で開催されました。友達数人とバックスタンドで観戦して初めて本物の2スト最大排気量の750CCのレーシングマシンを目にしました。YAMAHA TZ750、SUZUKI RG700(RG500の排気量UP版)…のマシンに混じってホイールと3本のチャンバーをブラックで塗装されたライムグリーンのひときわ異様な2台のマシンがありました。KR750です。

マッハ750の水冷版とも言えるこのマシン、「クォ~~ン!」山間部を切り拓いて作られたこのコース全域にひときわ荒々しく甲高い独特の水冷3気筒サウンドをとどろかせて、他のマシンでは出ない紫色の煙を発し、10パーセント勾配の急な坂を登ってでも270km~280km近いトップスピードをみせるそのグリーンモンスターの雄姿に、私の目は釘づけになりました。

このレースはYAMAHAとKAWASAKI(当時のロゴ)のワークスチ-ムの激突でもありました。スターティングポジションは1位YAMAHA TZ750の高井幾次郎(故人)2位KAWASAKI KR750阿部(故人) 3位YAMAHA TZ750の金谷 4位KAWASAKI KR750の和田…このレースはまさに2つのメーカーの意地と意地とのぶつかりあいでした。このレースは私のその後の2輪のロードレースそしてKRにハマる大きなきっかけになりました。

カワサキKR750はこのHPで紹介されています。http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/msinfo/history/index.html

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)