fc2ブログ


よくチャンバーを装着すると音にごまかされる(音だけ大きくなってパワーはかわらない。逆にパワーが落ちた)という話をよく聞きますが、このチャンバーは本物(当たり)でした。実は10年ほど前に某社のチャンバーを装着してトルクがなくなって、一日でノーマルに戻した苦い経験があったのでKROGの会長やKRチャンバーの比較をしてHPに掲載しているtetsuma3さんの意見を参考にして検討して、偶然にもヤフオクに売られていたBEET製チャンバーを購入しました。このチャンバーの出力特性はノーマルのパワーバンドが6,000rpm以上だったのに対して、トルクの薄かった5,000rpmからパワーバンドに入って、ゼロ発進からはドラッグレーサー的に伏せて前に大きく体重をかけるような乗り方を強要されるエキサイティングなウイリーマシンに変貌しました。全域に渡って非常にトルクフルです。高回転はクランクベアリング破損の恐れがあるので10,000rpm以上回さないようにしていますが、一般路では十分すぎるパフォーマンスです。

また、カワ車の2スト(マッハ系を含む)は異音にも聞こえるメカノイズ(ピストンリング、クランクベアリングetcが複雑に混じった音)が大きな魅力です。KRもライディングを終えて、戻ってきてエンジンを止める前に(無事に戻ってこれた安堵感を持って)聞くこのノイズにはシビレます。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)