fc2ブログ
これは自分がバイクに乗るときに被るヘルメットで、かれこれ9年近く使っている。推奨される買い替え(強度的にヘルメットの寿命は5年くらいとされる)はとっくに過ぎているが、これに関しては自己責任でと割り切っている。

特に大きな不満はないものの、朝日や夕日でのライディング時、信号が見難いなど眩しさを感じるのが唯一の難点だった。そこで今回はシールドに手を加えることを思い立った。 

いじる前

用意したのは車用の着色フィルムである。と言っても今回購入したものでなく、だいぶ前に買い置きしていたものである。幅は20Cmほどある。 

2使用したフィルム 
先ずは本体からシールドを外す。

3シールドを外す 
次にシールドに霧吹きで水滴(ウインドウォッシャー)をたっぷりと吹き付ける。フィルムをシールドの曲面に馴染ませながら、ヘラで水疱を追い出す。 

4フィルム貼り 
多めに貼って入らない部分はカッターでカットした。実際にヘルメットを被り、視界を確認しながら行うのが’コツ’である。

5カット 
少し水泡が残ったが更にヘラでかき出して完成である。 

6完成 
今回参考にしたのはF1界の荒法師と言われたナイジェル・マンセルのヘルメットである。(笑)

7上方視界は無用 
横町挨拶 
これで朝日や夕日に遭遇しても眩しくないヘルメットになりました。コストは0円でしたが、機能的にも十分満足できるDIYとなりました。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

8五百六十

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)