fc2ブログ
本日、私は青葉区の仙台市図書館(メディアテーク仙台)に向かった。30分ほどで所用を済ませ、定禅寺通を東へと歩いた。新緑から深緑に移り変わろうとしているケヤキ並木からは木漏れ日が差す。薫風そよぐ清々しい季節到来である。ケヤキ並木の下を歩くだけで心の深呼吸をしている気持ちになる。(メディアテーク側から南側を望む)
1木漏れ日
仙台は杜の都と呼ばれているが仙台駅から東に延びる青葉通とこの定禅寺通が双璧と言っていい。仙台に観光に来られるかたの多くは青葉通から仙台城に向かわれるが、定禅寺通も立派な観光スポットに挙げられるストリートである。
2東方向
Google3D立体画像で定禅寺通の位置を確認して頂きたい。晩翠通は有名な詩人・土井晩翠にちなんでつけられた名称である。
3Google3D立体画像
定禅寺通の特徴は中央が散策路になっていることである。散策路の所々には銅像も置かれ、市民の憩いの場となっている。
4東側分離帯
晩翠通の交差点の南東側からメディアテーク(木の陰になっている)を望んでみた。
5メディアテーク
ビルのガラスに反射するケヤキ並木。反射を強く意識した建物のデザインと思われるが、建築デザイナーの見事な技という印象である。秋には紅葉が反射するのを愉しめそうだ。
6ビルに反射
横町挨拶
十連休も残すところ後二日となりましたが、新元号に変わったばかりとあって日本列島全体がお祭気分という気が致します。令和の経済効果の算定がピンからキリまであり、どれを信じていいかわかりませんが、底知れない効果を感じます。話は変わりますが、記念すべき令和最初の仙台青葉まつりは5月18日(土)と19日に開催されます。

今年も時代絵巻巡行やすずめ踊りが行われ、多くの人出が見込まれています。仙台観光に来られるビジターに於いては、これらの催し物から伊達者の心意気(藩祖・伊達政宗公から引き継いだフロンティア精神)を味わって頂ければと感じております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。
7五百六十横町挨拶
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)