FC2ブログ
去る4月14日に私が訪れたのは広瀬川左岸(北側)の青葉区郷六地区の「葛岡城」(くずおかじょう)である。紫桃正隆氏著「仙台領内古城・館 第三巻」を良く読んで下調べをしていった為、葛岡城の標柱のある場所を見つけるのにさほど時間は掛からなかった。今は亡き郷土史家・紫桃正隆氏(1921~2008)の解説によると、右側の民家は館のあった一部としている。現在は全てが私有地という感じである。紫桃氏によると民家の一帯の東西、南北80メートルほどの場所が城郭内にあたるという。

私は史跡を巡るのにバイクを使うことが多い。バイクは何と言っても小回りが利いて狭い道でも入ってゆける。それと本日はヘルメットを敢てジェット式(フルフェイス式と違った顔面を露出するタイプ)とした。理由は少しでも付近の住民とコミュニケーション(私は史跡探訪の際、古老などからの聞き込みを重視している)を取る為である。顔面を覆うフルフェイス式では、時に怪しまれることもあるからだ。史跡探訪はそこまで気を回すことが大切である。
1立札遠景

Google3D立体画像で本日巡った史跡三箇所の位置関係を確認して頂きたい。葛岡城と郷六城は中世豪族の国文氏(その後伊達氏に帰属)が、その家臣を住まわせた要害とされる。2三箇所Google3D立体画像 - コピー

葛岡城跡と書かれた標柱は民家の南側の土塁跡に立てられている。3立札から南を望む 
土塁の脇には堀切があるが、比較的いい状態で保存されている。笹薮の合間に僅かに見える川は広瀬川である。4堀切と土塁 
これは紫桃正隆氏が描いた葛岡城の見取り図である。紫桃氏がこの地を訪れたのは昭和40年代と思われるが、改めて彼の尽力に頭の下がる思いがする。氏がこの地を訪れてから既に半世紀近くが経った。そう考えると胸のうちに熱いものが込み上げてきた。後学として紫桃氏の誠意に少しでも答えたい。私は自分自身にそう言い聞かせた。
葛岡城見取り図 - コピー 

紫桃氏の資料を基に、3D立体画像に葛岡城の大まかな全容を落としてみた、紫桃氏によると南側(手前)にもう一筋の土塁と水濠(堀切)が存在したはずであるという。
5葛岡城Google3D立体画像 
広瀬川の断崖には往古のものと見られる降り口が見られるという。平城にしては結構防御力が高かったのかも知れない。6広瀬川と切り株 
紫桃氏によると、「古書書上」に城主は馬場筑前入道清説(一書に清設)であり、国分能登守盛氏の家臣であったとされる。(標柱のある場所から旧国道48号線側を望む)7立札から南を望む 
葛岡城側から旧国道48号線を望んでみた。付近は新しい建物も目立ち、紫桃氏が訪れた頃のローカルな趣とは全く異なったものになっている。8旧国道遠景 
横町挨拶
この後で対岸にある郷六御殿跡と郷六城にも行きました。今回はボリュームの関係で見送り、次回以降の更新で紹介したいと考えています。この葛岡城は位置的に葛岡霊園(複数の寺の墓地が共同で存在)の南に当たるところで、旧国道48号線から西に120メートルほど入った地点にあります。

歴史的なことについてはかろうじて城主の名前がわかる程度で、詳しい内容は明らかにされていません。でも多くの城郭や館の跡はこのようなものが多く、謎に包まれたものが多いと言えます。

自分はかえってここに限りないロマンを感じます。城主の馬場筑前入道清説については何かの折に調べてみたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。9五百六十横町挨拶  
関連記事

コメント

No title

お早うございます、

ライブドアブログの画像消失は本当に残念でしたね、

幸いヤフーには画像が残ってたのですね、

なる程、史跡巡りにはヘルメットにも気を使っての探索には気付きませんでした、
拍手を送ります、

URL | 雲MARU ID:-

No title

お早うございます、

ライブドアブログの画像消失は本当に残念でしたね、

幸いヤフーには画像が残ってたのですね、

なる程、史跡巡りにはヘルメットにも気を使っての探索には気付きませんでした、
拍手を送ります、

URL | 雲MARU ID:-

No title

葛岡城」(くずおかじょう)というのは初めて聞きました。
兵物どもの夢の跡というものは今の人にしてみたら色々と想像を掻き立てますね。
私はFC2げ移行してから約1か月、記事の投稿には大分慣れて来ました。慣れると結構記事を作りやすいですし、投稿し易いですね。ただブロ友さんとの交流面ではヤフーの方が良かったなと感じています。

URL | トミさん ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

雲MARUさん
去る4月14日の記事ですが、ミラーサイトの問題が脳裏を掠めたので、若干内容を変えてみました。拝読を賜り感謝しております。本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂き、ありがとうございます。

雲MARUさん、ありがとうございます。

再度のコメントありがとうございます。
本日もお志を頂戴しました。ありがとうございます。

トミさん、ありがとうございます。

葛岡城に関するご意見を頂き感謝申し上げます。自分はコメント欄を色つきや太字にすることでコメントのやり取りを愉しんでいます。自分のURLをアクティブ(クリックするだけでそのサイトに行ける)ようにされたら如何でしょうか?
FC2ブログ上のブロ友様同士の使い勝手が大幅に向上するものと認識しております。ご検討のほどお願い致します。

こんばんは

ブログにおいて画像を無くされたりされたのですね。
大変残念なことでしたね。

でもFC2で挽回されるという意気込み 素晴らしいです。

川の流れや 土塁の跡などみつけるとワクワクしますよね。
そこには江戸時代からの武将が活躍した痕跡を見ることができますよね。

どうぞ ここでご活躍してください。

URL | つや姫日記 ID:-

No title

バイクが気持ち良い季節となってきましたね。
わたしも昨今城跡巡りをしています。
つい最近まで、天守閣があるものがお城と思っていました~笑~
城跡だったらしいと言うことしか分かっていないものが多いのですね。
確かに、分からないのも想像力が掻き立てられて、ロマンがarimasune.

URL | 布遊 ID:-

こんばんは~

過去記事を確認しますと、多くの画像を消失された様で残念でしたね。単なる遊びだけでなくて
歴史探訪的なものは損失が大きいですね。
折角取材したのに、その証拠となる写真が無いのは本当に辛いと思います。

デジカメやスマホの記憶媒体のどこかに残っていることも有りますから
再度チェックしてみるのも良いですね。




URL | シーさん ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

FC2ブログのコメントも徐々に板についてきた感がございます。些細な点ですが、テンプレートをグレー系に変えたことで
①絵文字の制限
②分析ソフトの再設定
が必要とわかり、昨日は少しごたごたしていました。それでも日増しに愛着が湧いて参りました。住めば都。これはアメブロに移られた姫も感じておられるものと察しております。引越しとその後の画像消去で一時は迷った私ですが、今は新たな境地でFC2ブログに向き合っています。

落ち着いてきたので、そろそろ歴史記事でもと思い、本記事をライブドアブログを基に修正、加筆の上で掲載しました。その記事に格別なるお励ましを頂戴し感謝しております。ありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

布遊さんの記事からはいつもヒントとモチベーションを頂戴しております。自分は広報誌の記事を書いている関係でマイナーなところにも足を運びます。その際は動機付けが何よりも肝心と受け止めております。幸い紫桃正隆氏という偉大な郷土史家の書いた著物があり、その恩恵に授かっています。そんな時バイクは便利ですね。

FC2ブログは慣れましたでしょうか?自分のゾーンは自分で構築する。これは私の座右の銘ですが、一昨日テンプレートを変え、一気にモチベーションも増して参りました。徐々にFC2ブログの水に馴染んできた気が致します。おはからいにより、今回も格別なるエールを賜りました。コメントを頂き、ありがとうございます。

シーさん、ありがとうございます。

画像データそのものを失ったのではございません。画像データや文章は定期的に外付けハードディスクに保存しているので今でもございます。また、ライブドアブログを別なURL(サブ)で再復活させようと思えば出来ないことはございません。ほぼ一日がかりでFC2ブログからの引越しをもう一度やり直せばいいからです。
但し、それをやったところで却って自分の首を絞めるものになりかねません。二兎を追うことで一兎もものに出来なくなる可能性があるのです。バックアップとして考えるなら明後日ヤフーからリリースされる移行ツールを使えば良い。(コメントまでは移行できませんが)そう考えた上でのFC2ブログのメイン昇格でした。

歴史記事に画像はつきものゆえ、画像データは大切に保存したいと考えています。おはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂き、ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)