fc2ブログ
 Scott Hamilton SKYLARK 
リンク曲について
音楽ブログを運営されているかたには多かれ少なかれ思い当たる節があると思うが、ブログに曲をリンクするといつしか堂々巡りになる。古いブロ友様は既にお気付きと察しているが、Scott HamiltonのSKYLARKはこれで三回目のリンクとなる。一言で言えばレパートリーの狭さがこうしたことを招くのだが、自分はこうしたことは致し方ないと捉えている。さほど音楽に詳しくない自分にとって感性の合う曲の数など、たかが知れている。

或る古参のブロ友様のT様(山形県のかた)から私がリンクする曲は圧倒的に男性奏者(或いは男性ボーカル)が多いとの指摘を受けた。これは全くの図星である。その理由は自分が奏者やボーカルに成り切るからに他ならない。シネマや劇を見れば、如何に自分がヒーローに成り切れるか否かで、「のめり込みの度合い」が違ってくる。今宵は酒の力を借りてスコット・ハミルトンに成り切り、無事に迎えた週末を愛でたい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
今回の記事「いつもより早い週末」の意図を読者様に説明したい。元々休みだった水曜日に或る講習会を受けたことで、27日が休日出勤となった。明日はその代休である。結果的に明日から三連休となった。セカンドライフはとにかく趣味とのバランスを取りつつ、根を詰めない範囲で勤務できればと思っている。私は儒教思想を意識して人様と円滑な人付き合いを理想としているが、或る意味で割り切ったところがある。割り切っているというのはけして背伸びしないことである。だから全く悪びれることなく、代休は労働者として当然の権利と思い取得しているのである。

但し、けじめだけはつけている。それはデジタル上で代休申請をしたから後は何もしないということでなく、口頭で代休を取得する旨を当事者数名(総務、直属の上司、その上の上司)の耳に入れているからである。自分はアナログ世代とデジタル世代の過渡期にサラリーマンという稼業を営んでいる。然らばこうしたことは避けて通れないものと心得るのである。

さて、明日からの三連休に何を為すかは未だ決めていない。それは天候と相談の上、明日の明け方、目覚めてから考えればいいと思うからである。但し、晴れれば少し足を延ばしたいし、天候が優れなければ晴耕雨読で良いという方向性だけは既に定まっている。人間の集中力などはたかが知れている。自分はそれを百も承知の上で、たった一日(三分の一)でもいいので、歴史的な作品に集中できればと思っている。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
横町挨拶
哲学者三木清は「人生は希望であり、メイクフィクションである」と述べています。然らば受動に走ることなく、常に自分の力で切り拓くべきものと考えています。明日からの自分の在り方を問うなら、その一語(人生は常に自分が主体となって取り組まねばならない)に尽きます。自分は週休三日制のメリットを最大限に使い、有意義なセカンドライフを心掛けたい思っています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)