FC2ブログ
多くの人は自分のレベルを過大に評価する傾向にある。大変悔しいことであるが、次に掲げるデータを冷静に見ると、自分もその一人であるのを認めざるを得ない。これはGoogleアナリティクスによる最近一週間のPV(ページビュー:同人が一日に何度アクセスしてもカウントされる数字)である。

人気記事はやはり自分のFC2ブログ運営を客観した記事であった。但し二番目に歴史関係の記事「織田信長の長篠の戦」が急浮上してきている。この記事は下調べを含め相当の時間(読書時間を含めると約5時間)を要した記事なので、少しは救われた気がしている。

1過去一週間

ブログ部の評価によれば、自分のブログのレベルはまだまだ脱ビギナー程度のようだ。(月あたり4000PV弱)現実は厳しいが、これが偽らざる今の自分のレベルなのだろう。

2ブロガー別番付表

今、アフィリエイトをやったとすれば、せいぜい1000円強/月の収入になるという予測である。アドバイスによると、まだまだSEO対策が不十分のようだ。

3脱ビギナー

横町利郎挨拶
大変ショッキングな判定ですが、結果は事実として認めざるを得ません。それでもFC2ブログのアクセス解析を始めた当初は一日当たりの平均PVは50程度だったので、50日間で、数値が約2・4倍ほどにはなりました。従って今まで払った努力はけして無駄でなかったと捉えています。この悔しさをバネに変えて、これからも飽くなき挑戦を継続して参ります。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング地域情報・東北ランキングに参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


4六百六十横町
関連記事
[タグ] 東北ランキング

コメント

こんばんは~♬

そんな分析結果が出るのですね。
良くなっているのは、モチベーションが上がりますね~♬

URL | 布遊 ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

少しがっかりしましたが、今は立ち直って開き直っております(笑)道は険しいですがチャレンジ精神を絶やすことなく、記事をどんどん更新して参りたい所存です。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

今晩は

横町さんほど頑張ってられても脱ビギナー
クラスなんですか?
でもこれからですね

URL | まきの退屈日記 ID:-

まきさん、ありがとうございます。

現実は厳しいです。でも落ち込むことなくモチベーションをキープして、これからもFC2ブログにチャレンジして参ります。おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

今日は、

他社に移籍してのブログは定着するまでは
数年かかると思います、
確実に伸びてきています、
焦らず奢らず、のんびりと行きましょう✌️

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

Livedoorブログはまだ消していませんが、FC2ブログのSEOの妨げになっている(検索上でミラーサイトと判断している?)とも考えています。間もなくヤフーからはてなブログへの移行ツールがリリースされますが、このあたりの判断は慎重にして行きたいと考えています。

お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

横町利郎さん

客観的に見て、自身を過大評価してしまいます。
 もっと謙虚に人と接しないといけませんね...そんなことを云うじたい
傲慢なのかも...

これからもよろしくお願いいたします。

URL | まりっぺ ID:-

まりっぺさん、ありがとうございます。

人は生きて行く上である程度は自己を過大評価しなければもちません。自分を卑下し過ぎもよくございません。何事も加減ですが、このピラミッドを見たときはさすがに「井の中の蛙」を実感しました。
一法で最初はこんなものかとも思っています。改めまして、宜しくお願い致します。本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

横町利郎様

ご自分のブログをきちんと分析されて
今はピラミットの底辺ですが(脱ビギナー)
チャレンジ精神が素晴らしく何事にも
前向きに、より良い結果が得られるでしょう。
応援しています。これから頂上めざして
頑張れます。横町さんなら~

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

ヤフー時代に十年間の蓄積がありましたので、少しは最初から行けるだろうという期待がございましたが、今となってはこの見通しがあまかったのを嫌というほど思い知らされた気が致します。

初心に返るつもりで、先週は「ブログの教科書 1年生」(再入門にも最適とのお墨付きです)を図書館から借りて参りました。基本に帰って出直したい所存です。お陰様で、本日もモチベーションを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)