fc2ブログ
今回は織田信長シリーズとして姉川の戦をメインにして話を進めて行きたい。参考にしたデータ(画像引用も含む)はNHKの歴史番組「その時歴史が動いた 肉を切らせて骨を断つ~織田信長・捨て身の復讐戦~」である。

1560年代後半の京滋~越前地方の大名の勢力図をご覧頂きたい。百年近く続く越前の名門・朝倉氏は新興勢力の織田氏に対して、激しい対抗意識を持っていた。その朝倉氏は古くから浅井氏と同盟を結んでいたのである。信長は浅井氏を手なずけようと或る政略を練った。それは自分の妹のお市浅井長政のもとに嫁がせることである。

1三者の関係

信長の妹・お市は近隣に並ぶ者が居ないと言われるほどの絶世の美女であった。そのお市を娶った浅井長政は果報者と言われる。お市浅井長政に嫁いだのは永禄10年(1567年)頃と言われるが一説に永禄11年とも言われている。(画像はNHK大河ドラマ「江」より引用)

2お市を娶った浅井長政

難敵である今川氏を退け、日の出の勢いの信長は京にのぼると、近隣の大名に上洛を促し服従を求めた。この時、朝倉義影はこれを無視。信長への敵対を顕著に表した。(義影は名門というプライドが信長に従うことを許さなかったことだろう。)信長はこのことをあらかじめ予期し、望んでさえいた。討伐への口実が出来たことになるからである。

3朝倉義影無視する

朝倉との同盟を保持するか?それとも義兄のほうに従うか?仮に織田氏に組んでも、一家臣にしかなり得ないと見た浅井長政が選んだのは、信長と徹底的に戦うことだった。夫と兄が命を懸けて争う。この時のお市の心境は胸が張り裂けるほどの思いがあったことだろう。

4信長と戦う覚悟

信長は元亀元年(1570年)4月、朝倉義影を攻め入った。この時加わったのは家臣の羽柴秀吉、盟友・徳川家康である。この時浅井長政が反旗を翻した。挟み撃ち寸前で信長は少数の兵を引き連れ、間一髪で京に逃れた。この時戦場に残された家康軍は、信長の戦線離脱さえ知らされないまま甚大な被害を受け、命かながら退散している。それでも家康は信長に愛想を尽かさなかった。これは恐らく信長のカリスマ性(天下布武というコンセプトと類稀なる戦上手)を見越してのことだったのだろう。

5挟み撃ち

態勢を立て直した信長は、その僅か2箇月後に兵を挙げた。目的は朝倉と浅井に対しての復讐である。ここで信長は2万余の兵を率いて岐阜を出陣した。

6激突姉川

小谷城に立てこもった長政を、信長は何としてでも平地におびき出したかった。信長は防御の弱い隣の横山城を攻めることにした。大軍に囲まれた横山城は窮地に陥った。我慢できなくなった長政は遂に出陣に及ぶ。この時援軍の朝倉軍は大将の朝倉義影が出陣せず、朝倉影健(義影の従兄弟)を代理の大将として派遣した。長政はこれに失望し憮然としたようだ。

戦は姉川を挟んで、主力同士の織田信長VS浅井長政、援軍同士の徳川家康VS朝倉影健の決戦になった。一時は戦況不利となった信長は兵力にものを言わせて、一気に浅井、朝倉同盟軍を打ち破った。決め手は横山城を取り囲んでいた兵3千を敵の横腹目がけて突入させたことであった。この戦いで浅井、朝倉同盟軍の中で名だたる武将の1,100人ほどが首を取られたという。

7四者のポジション

姉川の戦後の約3年後、織田信長は残党狩りの最中にあった。小谷城攻めに出たとき、浅井長政は「もはやこれまで」と、城を枕に討ち死にする覚悟であった。このとき「一緒に死にとうございます」と懇願するお市を長政が諭し、信長に身柄を渡した。信長は血を分けた妹の命を奪うことまでは考えていなかったのである。

8お市と抱き合う長政

横町利郎挨拶
戦国の世とは言え、愛する夫を兄に殺されたお市の心情を察するのはあまりに忍びない気が致します。信長は戦国の世にピリオドを打ち、改革ももたらしましたが、合理性を重視するあまり、そのやりかたが無慈悲だった為、時に味方にさえ容赦のない処遇がくだされました。

このあたりに対して自分は、家康が理念とした「徳治主義」とは明らかに異なるもの(武力を盾にした強権政治)を感じています。姉川の戦の起きた12年後の天正10年(1582年)彼は本能寺で、家臣の明智光秀に討たれますが、戦に明け暮れたと言っていい生涯でした。

ところで、FC2ブログのカテゴリーに織田信長を設置してから、本記事で三つ目の記事(ヤフー時代の記事を合わせれば四つ目)となりますが、数も徐々に増え、やり甲斐を感じています。ほとぼりが冷めない近いうちに、更に新たな記事に取り組んで参りたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


9五百六十横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)