FC2ブログ

天文22年(1553年)、美濃と尾張の国境に近い富田の聖徳寺で或る会見が行われようとしていた。会見に臨んだ二人は美濃の国を治める斎藤道三(60歳)と尾張の国を治める織田信長(20歳)である。道三は策略と陰謀で身内を次々と毒殺するなど、残念な手口で「美濃のマムシ」と言われ内外から恐れられた人物であった。これに対して信長は奇行などから「尾張の大うつけ」と呼ばれた人物である。柱にもたれかかり、わざと道三に無礼な態度をとる信長。


1柱にもたれかかる信長


さて、このはみ出し者同士の会見が、この後双方にどう影響を及ぼしたのか、本日はこのあたりから話を進めて行きたい。今回参考にした資料はNHKで過去に放送された歴史番組「その時歴史が動いた」の「信長と道三 改革者を生んだ非情の絆」である。非情の絆という言葉自体、何か尋常でない気配を感じるが、身内をも駆逐する二人のやり方は戦国時代の宿命と言えるもので、往時はけして珍しくないことであった。


3うつけ者


ここで美濃のマムシ・斎藤道三について触れておきたい。生年は明応3年(1494年、一説に1504年)で、親子二代で油売りから身を起こした人物であった。美濃守護の宿老長井家斎藤家に出入りしているうちに長井家の家臣西村三郎左衛門の土岐氏跡を継いで西村勘九郎と名乗る。享禄3年 (1530年)長井利安を殺して天文2年 (1533)から次々と名前を変え、享禄8(1535年)には稲葉山に築城してここに拠り、有力者の土岐頼芸を尾張に追って美濃国を押領し国主とな。同享禄18(1545年)には入道して道三と称した


2道三肖像画


下克上の世とは言えこれだけで相当険しいものを感じるが、アウトロー同士という意味で信長との接点も重ねる。但しこの二人が縁戚関係になるまで、美濃と尾張は隣国同士で過去に何度も領地争いを繰り返した敵同士であった。そう考えると、常軌を逸したとも言えるこの二人が舅と婿の関係になったことには何らかの因果を感じなくもない。


5領地


織田信長が戦で多用した長槍(全長6メートル)は有名だが、これは斎藤道三が好んで使った戦術で、敵を撃破する上で相当の効果があったと言われる。信長はこのような斬新な武器を取り入れる道三に見習うべきものを感じたことだろう。


6長い槍


こうして似た者同士とも言える二人は親しくなっていった。道三は長槍の他砲術も重視した武将であったが、これはご存知信長にも共通する点であった。


7砲術


その後の両者の出来事を箇条で表す。


・天文23年(1554年)織田氏の隣国の今川義元の軍勢が尾張に侵入し猛威を奮う。この頃兵力が覚束なかった信長が道三に援軍の派遣を求めた。道三の家臣の安藤守就が到着すると、信長は自分の居城である那古屋城を守るように依頼したという。(往時他国の軍勢に自分の城を託すということは有り得ないことであった)この時信長は今川軍を撃退し、武勇を示した。やがてこのことは道三の耳にも入り、「敵にして信長ほど恐ろしい男はいない」と言わしめたという。


・弘治元年(1555年)斎藤道三の長男の義竜が謀反を起こした。義竜は再三、道三から「後継者としての器量に欠ける」と罵られ、いつ殺されるのかという危機感をもっていた。反旗を翻した義竜の周囲には道三に不満を持つ者が大勢集結した。多勢に無勢、息子との合戦の前日道三は信長に向けて遺言状を書いた。それは「美濃の国を信長に託す」というものであった。実子の義竜に見切りをつけた道三が選んだ後継者は婿の信長だったのである。信長は義父である道三の援護に向かったが、時はすでに遅く翌日道三は義竜に討たれた。


・永禄3年(1560年)桶狭間で織田信長が今川義元を討ち取る。僅か4千の兵で今川軍2万5千を破った快挙であった。勢いのついた信長は早速美濃攻めを開始した。


・永禄4年(1561年)斎藤義竜が没してその子義興が後を継ぐ。根強い抵抗もあり、美濃はなかなか信長の手におちなかった。


・永禄6年(1563年)信長はそれまで住んでいた清洲城を離れ、美濃に近い小牧山に城を築いた。(小牧山城)近年の研究でこの城は城下町的な側面(商工業地域)があったとされる。


8城下町


この城下町を背景に信長は家臣の木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)に命じて、美濃の領主たちに寝返り工作を行った。信長は金銭も使ってこの工作を強力に進めていったのである。


・斎藤義興(道三の孫)は遊興や宴にふけり、斎藤家の跡継ぎとしては甚だ度量と器量に欠けていた。これを悟った美濃三人衆(美濃の領主たち)は永禄10年(1567年)主君に見切りをつけて信長につくことを決心し人質を出した。


・人質の到着を待たずして信長は出陣、斎藤義興が立てこもる稲葉山城を包囲した。到底勝ち目がないと見た義興が降伏し、ついに美濃は信長の手に入ったのである。信長はその後城の名前を岐阜城に改めた。信長は天下布武の印鑑を作り、天下人への意志を明らかにした。信長が京に上ったのは翌年の永禄11年のことであった。


横町利郎挨拶

今回の番組で面白いと思ったのはアウトロー同士の二人が引きつけ合ったことです。利害関係が一致したと言えないわけではありませんが、お互い似た者同士を感じた部分があったのではないでしょうか?わざと無礼に振る舞い、相手の出方をさぐる。一歩間違えば無礼討ちに及ぶ場面ですが、これを二十歳の若者がやってのけたところに、信長の尋常でない度量を重ねます。やはり常軌を逸するくらいでないと天下は狙えないとも感じます。


阿諛追従の徒はいつの世にも掃いて捨てるほど居るわけですが、信長のような切れ味を持った人物はそうは居ません。桶狭間の戦などに触れ、信長には強い運もあったと捉えていますが、運だけではなく、強運を呼び寄せるほどの才覚も備わっていた気が致します。「天下布武」の文言はイデオロギーとも解釈できます。力のほかにイデオロギーもあった信長に唯一欠けていたのが、仁(部下への思いやり)でした。


実は本能寺の変が起きる三箇月前に彼は明智光秀に折檻を加えていたのです。光秀にしてみればこうした仕打ちが不信感となり、徐々に謀反へと変わっていったのでしょう。本能寺の変についても近いうちに拙ブログで扱いたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。


※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


9五百六十横町

関連記事

コメント

道三と信長との共通点、なるほどと思いました…。息子からの反乱に対して道三は美濃国を信長に託すのですね…。同類はお互い共感するところが、あったのでしょう…。
道三の子孫は3代目にして信長にほろぼされ、その後、桶狭間の戦いから信長の快進撃が続くのですね〜。
今夜も、大変勉強になりましたわ…。

URL | boubou ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

貴兄の見解大筋で合っていますが、桶狭間の戦が1560年ゆえ、1567年の斎藤家三代の滅亡はその後となります。信長は徳に欠けている点は否めませんが、改革者としての秀でた才能を感じます。武力の増強のみでなく、経済力の振興も視野に入れていた点で、小牧山城周囲の城下町建設には彼の先見性を強く感じました。美濃を支配する為に講じた’硬軟織り交ぜての対応’も印象に残っています。

自分は広く浅くでもいいので歴史を俯瞰したいと考えています。NHKのその時歴史が動いたのYOU TUBE版は動画としてリンクNGですが、記事のベースにするには十分の内容があると捉えています。然らば、これからもこうした記事を定期的に入れて参りたい所存です。おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

今日は、

マムシと大うつけが互いに引きつける不思議な
力があるのですね、

男と女との中にも通じる因縁でしょうか?

ランキング、僅かな差での4位ですが
頑張って下さい、

URL | 雲MARU ID:-

こんばんは。

マムシと信長はお互いの優れた所を認め合いながらも
お互いを探り合っていたと言うことも興味深いですね。
信長は多くの才がありますが、この時代の武将としての怖いものなさの態度が、周りからは非道にうつっていたでしょうね。今回の二人の関係も興味深く拝読させていただきました。

URL | Joey rock ID:-

こんばんは~♬

斎藤道三のことは、あまり知らなかったのですが、
よく分かりました。似た者同士だったのですね。
当時の親子関係も、今とはずいぶん違っていたのですね。来年の大河ドラマが、楽しみになってきました。

URL | 布遊 ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

信長が舅の道三に取った態度は甚だ無礼なものですが、これこそが信長流の見定め法(斬れるものなら斬ってみろと暗示し、敵の度量を推し量る)と察しております。この挑発に載らなかった道三の心情(娘婿だった為なのか?、或いは強大な軍事力によるびびりなのか?)も興味深いところです。

信長としては道三の非情さは自分と同じ部分ゆえ、この部分は敢て伏せ、戦略や戦術において秀でたものを感じ取り、この男(舅ですが)なら手を組んでもいいと思ったことでしょう。道三の生き様はやはりマムシらしい気が致します。即ち、裏切り、陰謀、策略で勝ち得た権力は長く続かないことであります。これは三国志などでも見られる普遍的なことですが、時代が時代ゆえに、徳治主義の重要性をさほど感じていなかったとも受け止めております。おはからいにより、今回も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。




布遊さん、ありがとうございます。

昨日から次の記事(信長シリーズ)を書こうと、早速本能寺の変に関する裏幕のことを著物で探っております。この中で着目するのは。光秀はけして短絡的な動機で信長を討っていない、別な裏幕が存在したということです。多くのものを排他した信長のやりかたが、尋常ならぬ摩擦を生じたわけですが、次作ではこのあたりにスポットを当ててみたいと考えています。

非道な二人のたどった末路を見ると家康が敷いた朱子学の重要性がよく理解できます。そう考えるのならば、信長の非(真似てはいけない部分)を見ていた人物こそが家康とも言えそうです。お陰様で、本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

joeyrockさん、ありがとうございます。

返しコメントの順番を間違え大変失礼しました。
少し脱線しますが、自分は実生活で信長とよく似た人物と接したことがございました。かなり前ということもあり、時効と考え披露致します。それは職場の懇親会(しかも一次会)で上司の到着を待つ間に、周囲の目を憚ることなく寝た人物でした。
彼はこのような不遜を敢えて取り、上司の度量を推し量ったのです。その後彼は出世して行きました(笑)脱線の儀、平にお許しください。

さて、道三に無礼な態度を示した信長には斬れるものなら斬ってみろという開き直りがあったと感じています。このようなことはくそ度胸とも考えられますが、今でも実生活に役立つものがある(無言のうちに相手を牽制し悟らせる)と捉えています。自分は歴史を哲学と同類と考えるふしがございますが、新旧を問わず、硬軟織り交ぜた対応が出来る人物には強みがあると認識しております。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

再びおじゃまいたします。<(_ _)>

斉藤道三と織田信長の関係を興味深く拝見いたしました。今後の信長研究の展開を楽しみにしております。

URL | Kico ID:-

Kicoさん、ありがとうございます。

信長関係の記事を拝読頂き、重ね重ね感謝申し上げます。一昨日この記事を読み直したところ、誤字(強力と書くべきところを協力と書いてしまい)がありましたが、大変失礼しました。先ほど訂正に及びましたので報告申し上げます。

自分としては単なる史実の羅列のみでなく、どう感じたのかを記事に織り込むのを趣旨と考えています。その為に信頼できるもの(NHKで過去に放送されたものをYOU TUBEから吸い上げる)を参考にしています。「その時歴史が動いた」で信長を扱った番組は結構多く、存在の大きさを改めて認識しております。おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)