fc2ブログ
酒は自分にとって道楽であるが、健康を損ねるのは本末転倒である。ヘルシーに、体にダメージを与えないで酒を愉しむにはどうするか?これはけして人事でなく、今の自分の身に迫った切実な問題である。本日はその一助になる結構な食材を紹介したい。その名は「月のうさぎ」(さしみこんにゃく:価格は税込みで一袋¥78)である。

実はこの品には姉妹品がある。それは「レバさしこんにゃく」というものである。(笑)但し、同じグラム数で「月のうさぎ」より一袋当たりの単価が五十数円も違うのには閉口した。とりあえず今回は、安価なほうの「月のうさぎ」を試してみることにした。

1パッケージ

緑の色は海草が入っているからである。どう見ても「月のうさぎ」というイメージは湧かないが、それはさて置き先ずは実力拝見と考えた。開封してからステンレス製の笊で水を切った。

2ステンレス笊

合わせる酒は日本酒の蔵そだち(メガ・ドンキホーテで3リットル税込み¥915で販売)である。蔵そだちは埼玉清酒でけして合成酒ではないが、抜群のコストパフォーマンスを有する酒で、ここ二年ほど愛飲している。

さしみこんにゃく月のうさぎ」は’がさ’の割りにカロリーが少なく、味もまあまあで、大変気に入った。

3テーブルの上

横町利郎挨拶
自分はものの価値観を高い、安いで決めていません。「月のうさぎ」はけして’さしみもどき’のレベルには達していませんが、海草入りで酢味噌との相性がいい気が致します。

この品の購入は本日の帰宅時、青葉区一番町の業務スーパーで買いました。帰路の途中にはサトウ商会と業務スーパー、他にドン・キホーテヤや百均(セリアとキャンドゥー)も近くに存在します。これによって様々な酒の肴が安価で手に入ります。

この恩恵は単なるプライベートだけのことでなく、仕事にもいい影響を及ぼしています。それは帰宅時にその日の酒の肴を安価で購入できるということです。たったそれだけのことでも今の企業に入ってよかったと思うのです。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


4六百六十横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)