fc2ブログ
皆さんは職場でパワハラなどを受けた経験がないだろうか?組織に在籍すれば誰しも経験し得るのがハラスメントである。立場の弱いほうが強いほうから圧力をかけられる。今の職場ではこれが問題になっている。今と述べたのは昔はこんな言葉すら存在しなかったからである。自分はこれを日本の悪しき遺産(ナショナリズムがもたらした全体主義が招いた負の遺産)と解釈している。

いじめ

今日の日本では人権が重視されるようになった。かつては絵に描いた餅に過ぎなかった「基本的人権の尊重」に対して、少しはまともにスポットが当てられるようになってきたのである。

長い年月を経て、多くの人が死んでから「人にこき使われるのが嫌なら出世しろ」と言われたのが、ようやく過去のものとなりつつある。昨今の風潮であるダイバーシティーの定義にはマイノリティーや弱者への思いやりが含まれるということである。追い風吹く今なら、さほど苦労しなかったことだが、自分は過去において、このことでだいぶ苦労させられた一人であった。

そんな自分がセカンドライフで受講したセミナーが昨日の某企業主催のハラスメントセミナー(仮称)であった。概要を述べると、
①ハラスメントに相当するのか否かは言ったほうの主観ではなく、言われたほうの心情によって決まる。
②上司が立場を利用して、業務に関係の無いことを責めれば、その時点でハラスメントが成立する。
③人格を否定する言葉(嫌いだ、駄目だ、辞めろetc)は全てNG。
などである。パワハラに関する最近の事情を見ると、いじめを受けた社員が会社を辞めた後で訴え、会社側が負ける(裁判に至らなくても、その後のことを見据えて企業から高額の示談金が支払われる)ケースが増えているという。

具体例が数例に渡って挙げられ、大変中味の濃いセミナーであった。「他山の石」という言葉があるが、自分が所属する企業に持ち帰って是非フィードバックしたいと考えている。

1ハラスメント

横町利郎挨拶
我が国は、れっきとした儒教国であり、武家社会では徳を以って組織を統率する「徳治主義」という思考が古くから浸透していました。そこに明治維新があり、欧米思想のもたらした個人主義が長い年月を経て浸透してきております。そんな現代で倫理観が低下してきていると感じているかたは結構多いのではないでしょうか?

2007年頃から長時間労働による自殺者の問題が脚光を浴び、「ハラスメント」という言葉が誕生するに至りました。平たく言えば、立場の強い人は弱い人の人権を擁護する義務があるということです。自分は今でこそ当事者でなくなりましたが、その経験を活かして企業の上層部にその真意を伝え、悩める人の心情に添い、少しでも役に立ちたいと考えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


2五百六十横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)