FC2ブログ
本日は去る7月11日(木)に巡ったへつり沢の続編として中流域(旧制二高アイスホッケーリンク跡地~春日神社まで)をお伝えしたい。砂利を敷き詰めた土地がアイスホッケーリンク跡地である。その後は畑地を経て現状に至ったようである。周囲とは落差が約20メートルあるが、この場所がかつてえぐられた沢(へぐり沢)であったことがよくわかるスポットである。

1旧制二高アイスホッケー場跡地

Google3D立体画像で旧制二高アイスホッケーリンク跡地(黄色丸)とへぐり沢の位置を確認して頂きたい。

2下流Google3D立体画像

旧国道48号線と土橋通の交差点から、へぐり沢の流路を推定してみた。但し実際の沢はずっと下のほうにあったはずである。

3旧48号線想定水路

旧国道48号線からほんの少し北に行った場所、かつてはここも流路であったが、ここからずっと先まで住宅地となる。

4住宅街へ

今野喜一氏の描いたスケッチでへぐり沢の位置を確認して頂きたい。昭和15年頃ゆえ、今から約80年前となる。往時は田畑も多く長閑な場所であったことがよくわかる。

5八幡小学校より北部原図

この通りは覚性院丁であるが、藩政時代は山形方面への通行で賑わった通りとのことである。左の家は藩政時代から何代も続く小梨石材店である。石製の欄干でできた橋は石切橋と言われる。

6覚性院丁

Google3D立体画像で位置関係を確認して頂きたい。小梨石材店の西隣が瀬田谷不動尊である。石切町にはかつて石工が住み、瀬田谷不動尊や近くの大崎八幡神社に奉納してきたハネコ踊りが、後の仙台雀踊りの起源とも言われる。

7中流Google3D立体画像

右端の石碑には覚性院丁石切町の名が刻まれている。

8交点石碑

ここが瀬田谷不動尊である。かつて石切町の石工たちの信仰を集めたスポットであるが、今では近代的な建材を用いた建物に造り替えられている。

9瀬田谷不動尊

瀬田谷不動尊から北西に約100メートル行った地点に春日神社がある。ここはかつてウォーキングで訪れた場所である。

10春日神社と狛犬

横町利郎挨拶
へぐり沢のほとんどが今は下水道となり暗渠となっています。へぐり沢の存在そのものを知るかたが減ってきた今、自分はこれをデジタルデータで後世に残したいと考えます。後学のかたの参考になるならばこれに勝ることはございません。これこそブロガー冥利に尽きると言えます。

話は変わりますが、私はFC2ブログの追記に疑問を感じ、敢て今回は追記としませんでした。従って本文の扱いとなります。テンプレートにもよりますが、自分のテンプレートの指向(過去30日分の記事を羅列し、その中で読みたいものだけをお読み下さいとするスタンス)では、追記で書くよりもずっといいと認識しております。この件で意見のあるかたは遠慮なく承りたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。



11六百六十横町
関連記事

コメント

こんばんは~♬

今野喜一氏の描いたスケッチが、現在の参考となるように、横町さんのこのブログが、未来の人の参考となる時が、きっと来ると思います。
暗渠とする理由は、災害を避けるためなのでしょうか~土地利用ですか?

URL | 布遊 ID:-

今ではすっかり暗渠となってしまったへくり沢周辺の名所巡りをされたのですね、後にへくり沢を訪ね寝る方にとってのいい資料となりますね…。。。

URL | boubou ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

全国的な傾向ですが、河川を暗渠とする理由は土地の有効利用と災害対策(往時は大規模な火災が脅威でした)の両方だと思います。但し、その骨格(流路の計画)が藩政時代に練られたところがミソですね。
往時、この界隈は生活用水に供した用水堀(仙台には四ツ谷用水なる小さな堀が広瀬川上流部から引っ張っておりました)を縦横無尽に走らせていましたが、へぐり沢とクロスする部分は木製の樋のようなものを使ったとのことで、興味を抱いています。

お陰様で、今回も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

史跡めぐりですが、時にマイナーな場所はヒットし難いことがございます。そんな時こそ自分がデジタルデータに残す作業をやらねばという気になります。後学のかたの踏み台にして頂く。これは先賢の郷土史家から学んだ姿勢で、自分も貫かねばならないスタンスと踏んでおります。

歴史関係の記事は往々にして下調べに手間が掛かりますが、時が進むにつれ自分の為にではなく、人の為世の為という傾向が強くなって参ります。貴兄にそう仰って頂くと掲載した甲斐がございます。本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

今日は、

えぐられた沢を(へぐり沢)と言う言葉を
前記事で知りました、
現在は砂利を敷き詰めた土地がアイスホッケーリンク跡地に変わってるのですね、
長い歴史の中で変化は致し方無いのでしょうね、

今日は慣れないアメブロで大ミスでした、
明日に投稿予定で作成した記事が時間予約投稿の
はずなのに其の儘の時間で出てしまいました、

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

へぐり沢は下流部分(広瀬川の合流近く)ですと、河岸段丘との落差が実に20メートルはあります。古くはこの川に沿って通路があり、広瀬川の向こう岸(仙台城方面)には渡しで渡っていました。今回の探索でその片鱗を思い浮かべられた気が致します。貴兄の更新記事は明朝拝見させて頂きたい所存です。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)