fc2ブログ
本日は去る2019年7月11日に訪ねたへくり沢の上流域についてお伝えしたい。へくり沢については以前も説明したが、仙台市青葉区広瀬町~八幡町~国見地区の「えぐられた沢」に由来とする川のことであり、今はその大半が暗渠となっている。

のへぐり沢については学者や郷土史家など、様々なかたの研究や探索の対象になっており、インターネットでもそこそこヒットするのだが、その多くは航空写真や地図がなく、今一つわかり難い。自分だけわかればいいというのならそれでもいいのだが、自分は始めてここを訪れるかたにもわかるように地図や航空写真を多用したいと思う。

ところで、ここは春日神社の近くの四ツ谷用水跡である。本日はこの四ツ谷用水との交点から上流について紹介したい。

1四ツ谷用水跡地

春日神社を過ぎて北に向かうと遊歩道(あか道)となる。周囲は閑静な住宅地だが、この辺りはかつて坊主町(坊主が多く住んでいた)と言われた。この辺りに来ると河岸の地山と川底とはさほど落差がなくなっていた?ように思われる。番組の内容までは調べ切れていないが、へくり沢や四ツ谷用水については、かつてNHKの人気番組・ブラタモリで取り上げられたことがあるという。

2あか道

今では暗渠となったへくり沢だが、点在するマンホールにその面影を微かに留めている。

3マンホール

今野喜一さんが描いた昭和15年頃の付近の絵をご覧頂きたい。石切橋の上流部に関しては田畑も結構あり、長閑な風情だったのだろう。

4上流部絵図

あか道は太い車道と交わるものの、途切れることなくずっと続いている。付近のかたにとっては、恰好の散策路となっているようだ。

5途切れる

更に上流に向かう。周囲はアパート、マンション、個人住宅が多い。この突き当りが国見小学校の体育館となる

6国見小近く

Google3D立体画像でへくり沢上流域を確認して頂きたい。

7Google3D八幡小学校~国見小学校

国見台病院を過ぎて道路の右側にこのようなお地蔵さんがあるが、疱瘡神の地蔵のうちの一体と言われる。道路の向かい側には、かつて疱瘡神池があったとされる。(へくり沢散歩道ウォークマップより引用)

8地蔵

この後、JR仙山線の東北福祉大駅に向かわず、セブンイレブンの前を左に入ると旧道の芋沢街道となる。ほぼ沢に沿って歩いていると解釈していいようだ。

正面に芋沢街道踏み切りがあるが、この辺りは一ノ沢と呼ばれていた。この界隈はまだまだ昭和の頃の古い住宅が多く、如何にも旧道という風情が印象に残った。

9芋沢街道踏み切り

JR仙山線の踏み切りを渡ると道は緩やかに右に折れる。この辺りは二ノ沢と呼ばれ、へくり沢源流とされる場所である。ところで、もう少し北に行けば別系統となる梅田川(七北田川支流)の水源があるが、これについては別な機会にでも披露したい。

10一の沢、二の沢

横町利郎挨拶
取りあえず、今回のへくり沢探訪の掲載はこれで終えたいと考えています。先ずは基本となる骨子を作る。今回の趣旨はこれに限りますが、以後文献などで新たな情報を得た際は、再度ブログで取り上げたいと考えています。その節はやはり多くのかたにわかりやすいよう地図や航空写真を多用し、便宜を図って参りたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。



11六百六十横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)