fc2ブログ
昨日、久しぶりに広瀬通のラーメンパンチに行った。外は34度くらいあったが、店内は冷房がギンギンに効いているのでまったく問題はない。同店の看板をごろうじろ!(ご覧ください)

ブラックの背景に黄色の文字でラーメンパンチと書かれていて、インパクトは結構DEEPなものがある(笑)

1店構え

メニューはさほど多くないが、私は迷っているところを人に見られるのを嫌うので、ほとんどの場合店に入る前にメニューを決めることにしている。

2メニュー

ラーメンは麺が200グラム、野菜が450グラム(シングルとダブルの中間)、脂なし、ニンニクがトリプル(21グラム)、パンチ(香辛料の効いた天かす)がダブル(18グラム)である。正に煩悩を絵に書いたようなラーメンである。(笑)大変残念なのは値段が以前より¥50アップした(野菜がシングルでもダブルでも税込¥780)ことである。

3ラーメン

最初はひたすら野菜(主にモヤシ)と格闘しなければならない(笑)外の通りは酷暑であるが、ヒンヤリとした空間で、汗をかかずに食べれるのは有難いことである。麺の太さに注目、歯ごたえも十分過ぎるくらいなので、歯が丈夫でなければこのラーメンを食べるのは難しい。

4太い面

分厚いチャーシューをご覧頂きたい。15ミリはありそうである。これだけ分厚いと一口というわけにはいかない。

5チャーシュー

横町挨拶
このラーメンは良く言えば豪快ですが、人によっては野蛮な趣さえいだくのではないでしょうか?(笑)特に刻みニンニクの21グラム、これはけして半端な量ではございません。刺激が非常に強いので、麺やモヤシと一緒に食べることで何とか食べれる量です。下手をすれば胃に対して攻撃性があるので体調と相談して量を決めねばなりません。

それでも不思議とリピートしたくなるのは、このラーメンの持つ魔力の為せる業と言える気が致します。私はウォーキング(平均で一日5キロ)や階段の昇降(4階以下は絶対にエレベーターを使わない)で足腰を鍛えていますが、食べ物にも気を配っています。

健康は栄養と適度な運動と十分な睡眠(休養)の三要素によってもたらされます。この微妙な均衡をこれからも保ち、豊かなセカンドライフを送りたいと考えています。このラーメンはたまにしか食べませんが、若さを保つ秘訣でもございます。昨日の完食で自分もまだまだいけるという自信を再確認した次第です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


6六百六十横町
関連記事
[タグ] ラーメンパンチ

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)