fc2ブログ
石巻に松尾芭蕉が立ち寄ってから今年で330年となる。私が所属している石巻千石船の会は去る6月26日(松尾芭蕉の訪れた旧暦を新暦に換算)に、松尾芭蕉の足取りを追うという企画を催した。(会報誌の画像から十数人が参加した模様)残念ながら私は参加しなかったが、石巻千石船の会の資料から元禄2年(1689年)5月10日当日の凡その足取りを推定してみた。

その前に仙台~石巻~登米にかけての芭蕉の足取りを掲げる。石巻の他には、多賀城や塩竃、松島など、寄るべきところはほぼ寄っている気がする。

1仙台~石巻辺り

元禄2年(1689年)5月10日に石巻入りした芭蕉は曾良とともに、新田町の四兵衛宅に寄って荷物を降ろしている。四兵衛宅は現石巻グランドホテル(現千石町)の脇辺りにあったらしい。ここで二人は小雨が止むのを待っている。その後案内人があったかどうかは不明だが、二人にとって石巻は土地勘がないので恐らく誰かが案内役を務めたものと推察される。

2四兵衛宅跡

元禄2年(1689年)5月10日の芭蕉と曾良のルートを曾良日記から推定してみた。(地図は1727年頃のものなので、松尾芭蕉が訪れた頃とさほど変わりないと推定)

赤:新田町四兵衛宅~裏町木戸~永願寺十字路~物見坂~日和山
橙:日和山~物見坂~永願寺十字路~裏町木戸~横町~横町小川に掛かる古渡橋~住吉の愛宕山~愛宕神社~石巻石(巻石のことと思われる)~新田町縄張稲荷大明神~新田町四兵衛宅(一泊)
となっている。

3芭蕉のルート

現在、日和山にはこのような奥の細道の石碑と二人(芭蕉と曾良)の立像が立っている。「数百の廻し船入江につどい、人家地を争いて、かまどの煙立つ続けたり、云々」往時の石巻の活気が伝わる気がする。往時の二人もこのような装いで奥州路を歩いたのではないだろうか?

4立像

横町挨拶
芭蕉は日和山から見えないはずの金花山(金華山)を見えるように表現していますが、芭蕉にとっての脚色、装飾は他にも見られることなので、さほど気になりません。また新田町の四兵衛なる人物が一体どんな者なのかもはっきりしません。

それはさておき、二人が奥州一の湊町に来たという感動がひしひしと伝わって参ります。同時に横町の自分の生家のすぐ脇を芭蕉が行ったり来たりしたことに対し、感慨深いものを感じます。今度・石巻に行った際は、是非芭蕉の足取りを追ってみたい気が致します。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


5七百横町

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)