fc2ブログ
宮城県の地元新聞の河北新報の「宮城のニュース」にこのような記事が掲載された。米従軍医が宮城県の浜を撮影した写真約2,000枚である。

サイトのURL↓↓↓

本サイトは米従軍位だったジョージ・バトラー氏が「キャンプ松島」に駐留した際、地域の町や村を訪問し数千枚に渡る写真を撮影したものである。ジョージ・バトラー氏は1974年に亡くなっているが、息子のアラン・バトラー氏がこの写真を公開した。

写真左下の横を向いている人物がジョージ・バトラー氏と思われる。

このサイトにはコメント欄もついている。早速私も郷里・石巻の写真に場所を特定できる旨のコメントを残した。1951年と言うと私が生まれる前であるが、幼少期~少年時代に見た60年代の石巻の風情と酷似している写真も多く、大変見ごたえのあるものである。

宮城県内でバトラー氏が写真を写した地域である。松島、塩釜、石巻、仙台、牡鹿半島などが登場する。

横町挨拶
サイトに載っている写真は複写、転載が禁止されているので本日はURLと内容のみを紹介しました。興味のあるかたはリンクしたURLにアクセスしてみてください。ちなみにこのサイトへのアクセス数は日増しに鰻上りに増えてきているとのことです。

米国在住のアラン・バトラー氏(著作権者)とは現在コンタクトをとっており、複写、転載の許可を申請し、許可が取れれば私のブログで紹介したい所存です。尚、大の親日家であられるアラン・バトラー氏はつい最近(今年の5月)に来日し、宮城県においでになられたとのことです。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)