fc2ブログ
本日も休みを利して息子とドライブした。国道4号線仙台バイパス沿い食事を外食で済ませた後、仙台市若林区の南東部にある藤塚地区を訪ねた。以前から県道亘理-塩釜線を走っていて「藤塚展望台」という看板が気になっていたのである。周囲は公共事業と見られる土木工事が盛んに行われており、工事車両がひっきりなしに走っているが、訪ねたのが昼休み時間だったため対向車と擦れ違うことなく、展望台のすぐ近くまで入れた。

ちょうど8年半前の本日大津波に見舞われた藤塚地区であるが、奇しくも一本の松が残っていたのが印象に残った。そう言えば岩手県の陸前高田でも一本の松だけが生き残り話題になったことがあった。陸前高田の松はその後枯れてしまったようだが、藤塚の松はご覧のように今でも健在である。地域のかたも勇気付けられるに違いない。

1一本松

Google航空写真で藤塚展望台兼避難の丘の位置を確認して頂きたい。藤塚は名取川の河口の集落だが、8年半前の大津波で壊滅的な被害を受け、今は無人となっている。亡くなったかたに謹んでお悔やみを申し上げたい。川向こうの閖上地区に於いては行政が変わり名取市となる。

2Google3D立体画像避難の丘

伊達政宗光の遺産である貞山堀の脇にはこのような潟がある。よく見ると水門らしきものがあり、水量を調節する為の施設のようだが、一見すると舟溜まりのようでもある。

3舟たまり

この辺りの津波到達レベルが記された立札があった。海抜9・3メートルと書かれているが、これが思ったよりも高く感じられた。これだけ高いとかけがえのない人命が失われるのを感ぜずにはいられない。

4合流地点

約90年ほど前の地図(左)をご覧頂きたい。太平洋と藤塚の集落の間に割って入るように井戸浦という潟が存在し、その脇を貞山堀が走っている。記録によると、90年前の井戸浦には、様々な野鳥の生息とカニや貝、小魚などが見られたとされるが、さぞかし生命の営みに満ち溢れた地域であったことだろう。

5地図比較

息子とともに避難の丘に登ってみた。コンクリート製の階段の蹴上げには津波到達レベルが記されていたが、その高さには改めて驚いた。

6息子

丘の北東部にはこのような東屋が設置されている。

7東屋

西側に目を移すと藤塚地区の土木工事が視界に入った。天気が良ければ仙台市街地まで遠望が利くのだろうが、生憎の天気で中心部のビル街が霞んで見える程度であった。

8工事

横町挨拶
911と言えば18年前にニューヨークで起きた同時多発テロを思い浮かべますが、大震災の起きた311とはちょうど半年の違いとなります。単なる数字のいたずらとは言え、複雑なものを感じます。藤塚地区の避難の丘が役立つ日が来ないことを祈りますが、自然災害は予測困難ゆえこれだけは何とも言えません。

「備えあれば憂いなし」、せめてでも我々はこの言葉の重さを真摯に受け止め、犠牲者の死を無駄にすることのないよう、来たるべき災害に備えるべきと察しております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)