fc2ブログ
RWC 2015 Anthems - Wales vs South Africa [Quarter Final]

リンク国歌:南アフリカ国歌&ウェールズ国歌について
間もなくラグビーワールドカップ2019日本大会が始まる。自分も先日壮行試合である、日本対南アフリカの試合をTVで見て、大変残念ながら、両軍の圧倒的な実力(体力)の差を思い知ったのである。但し地球的な規模でこれを語るならば、ラグビーほど北半球と南半球が実力拮抗し、烈しい戦いを繰り広げるスポーツは珍しい気がする。ウェールズの国歌である「我が父祖の地」は以前紹介した経緯があったので、本日は南アフリカ国歌にテーマを絞りたい。

1994年をもってアパルトヘイト(人種差別政策)が終わり、1997年に元々存在していた二つの歌(賛美歌と反逆歌)が練り直され、マンデラ大統領によって制定されたという。人種の壁を越えて民族が一つになる姿を見るのは感動に至ることである。アパルトヘイト以前の同国では、有色人種は長い間白人の偏見と戦わねばならなかった。もちろん選挙権を始めとした参政権もなかった。南アフリカ国歌「神よアフリカに祝福を」の歌詞の一部を紹介したい。

「我らの上なるこの青き空より、我らの海の深みより、こだま渡る険しき永遠なる山々より…」

グローバルが世界理念として掲げられて久しいが、様々な人種が過去の蟠りを乗り越えて肩を組むのは世界の大きな流れである。過去に暗いものを背負った彼らだが、世界制覇(あくまでもラグビーの話である)に向かって突き進む姿は大変美しい。私はアパルトヘイトを乗り越えた南アフリカという国に大いなるシンパシーを得たゆえ、今宵リンクに及んだ次第である。

ダイバーシティー(多様性)はインクルージョン(互いを認め合うこと)と結合することで始めて意味を為すものとなる。相反する二つの歌を組み合わせ、過去の暗い陰を見事に払拭した国土賛歌「神よアフリカに祝福を」は誠に見事と言う他ない。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
明日から三連休となった。時刻は17時40分頃、最近は秋彼岸も間近に迫り、めっきり日が短くなった。昨今の帰宅時は結構薄暗いが、間もなく真っ暗になる日も遠くないことだろう。

1定禅寺

いつもの匂当台公園の脇を通った。明日から新たなイベント(宮城バスまつり)も開催され、三連休の初日を飾るようである。私は地元の大手企業であるカメイ商事の入っているビルを左手に見ながら、早歩きで官公庁街に向かった。

2匂当台公園

正面に宮城県庁が見えてきた。この辺りは藩政時代、我が仙台藩の藩校である養賢堂があった場所である。三連休を前にした本日は、ご覧のように薄暮の中の帰宅であった。

3官庁街

横町挨拶
今からワールドカップラグビー開幕が楽しみです。それは北半球の強豪(特にグレートブリテン島とアイルランド島からは計4チームが出場)と南半球の強豪であるオールブラックス(世界ランキング2位・ニュージーランド代表チームの別称)や南アフリカ、サモア、アルゼンチン…がシノギを削るからです。強豪国同士が国と国とのプライドを懸けて激突する。私はこれだけで胸が高鳴るのです。もちろん全日本にも頑張ってもらいたいと思います。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


4六百横町
関連記事
[タグ] 南アフリカ国歌

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)