FC2ブログ
本日は青葉区匂当台公園市民広場で開催された宮城バスまつりに行ってきた。三連休とあって会場は親子連れが多かったが、一部に撮り鉄ならぬ「撮りバス」…自分もその一人か?もいたようである。(笑)

1全体

仙台市の観光スポットを循環する’るーぷる’は仙台城や博物館、晩翠草堂前なども順路に入っていて環境客から好評を得ている。通し券(¥600)を買えば、一日乗り放題となるので大変お得である。

2るーぷる正面

るーぷるの側面、デザインは二種類あるが、このデザインは昭和四十年代まで走っていた仙台市電(路面電車)を模したもので、レトロな印象を与えるものとなっている。

3るーぷる側面

お馴染みの仙台市営バス。杜の都と言われる仙台だが、緑を基調としたデザインが伝統となっている。

4市営バス

こちらは民営の宮城交通のバスである。こちらは昭和時代からの伝統である赤と白のツートンのデザインが継承されている。

5宮城交通側面

ツバメマークの入ったJRバス、定年を前にした三四年前、自分はJR代行バスでアパートのある亘理町(宮城県南部)~勤務地の福島県相馬市まで毎日通ったことがあったが、このデザインもなかなか素晴らしく気に入っている。

6JRバス

これは東京ディズニーランド行きの夜行バス(仙台を夜出発し朝に目的地に着く)である。職員の制服をご覧頂きたい。黒を基調とし袖口にピンクのラインが二本入ったデザインで、なかなかお洒落である。

7ディズニー行き前から

料金をご覧いただきたい。新幹線を使うよりだいぶ安い。仙台~成田空港行きもあるので海外旅行にも使える便である。

8ディズニー料金

私はバス旅行が好きです。それは自分で運転するのと異なり、車窓からの眺めを十分に楽しめるからです。眠くなったらうとうとし、酒が飲みたくなれば、おもむろにウイスキーのポケットサイズをあおる。(笑)これからは行楽シーズン到来ですが、東北の主要都市と仙台を結ぶ便があるので小旅行も視野に入れています。

利用案内のパンフレットも頂きましたが、その中では一度も乗ったことのない仙台~新潟の便(所要時間:約4時間15分)も魅力的です。完全リタイヤしてからでもいいので、この新潟へのバス旅行という夢を果たしたい気が致します。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


9六百横町
関連記事

コメント

バス祭りというのは、珍しいものじゃないでしょうか…。関西では、聞いたことないようなので気がします…。
鉄道の日(10/14)には、関西の私鉄でもいろんな催しがされています…。
いろんなデザインのバスが一堂に見ることができて楽しそうですね…。特にバス好きの貴兄には、放っておけないイベントですね…。各社のバスを見ながら、旅への思いを膨らませるのも楽しそうです…。
いいお祭りを紹介していただき、ありがとうございました…。

URL | boubou ID:-

こんばんは~♬

楽しい企画ですね。
わたしもTVで、高速バス特集をしているのを見て、
バスの旅も良いものと思いました。
何時か行って見たいです。
いろいろ珍しいバスをご紹介いただき、
ありがとうございました。

URL | 布遊 ID:-

るーぷるには一度乗ってみたいです

こんばんは
 るーぷるには一度乗ってみたいと思い ながら未だ乗っていません。私も高校  を卒業してバス会社に勤めておりましたのでバス旅行は大好きです。石巻から仙 台に行くときは宮交の高速バスを 使っています。仙台はいろんな催しも のが あっていいですね。

こんばんは。はじめまして。
こちらこそいつもありがとうございます。
面白いイベントですね。
私のほうも自分の情報がほんの少しでも役に立ってもらえばと配信してます。
後はブログで密かに地元の宣伝もしつつです。
元々はただの日記でしたけど^^;
こちらこそよろしくお願いします。

boubouさん、ありがとうございます。

自分は以前から日帰りのバス旅行をやっていて、これをブログに書き留めています。記事にはしませんでしたが、最近採用されたハイテク(電子の目を使い追突事故を防止するシステムなど)が紹介されていて、利用者のリスク低減にも着目すべき点と捉えています。

メーカーも気になりますが、HINOがトヨタ傘下の企業となり、アドバンテージを得た気が致します。このあたりはマニアっぽいものとなりますが、乗り味に繋がるだけに自分としては大きな要素でもございます。昔は鳥の羽のマークだったHINOが今はシンプルなHのマークとなり、洗練されたものを感じます。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

移動する過程を愉しむ。これも旅の醍醐味と察しております。バス旅行は車窓の眺めを追うだけで癒されるものを感じます。時に知らない街に行って周辺をぶらつく。これが好奇心を十分満たしてくれます。(笑)

これからは季節もよくなりますが、秋晴れがその気持ちを後押ししてくれる気が致します。お陰様で、今回も有意義な話題を提起して頂きました。コメントを頂きありがとうございます。

こだぬきさん、ありがとうございます。

これからは一年中で一番いい季節到来(薫風そよぐ季節と並んで)となりますが、そうなりますとバス旅行がしたくなります。今の時期のバスまつり開催はその心理をくすぐるもので、絶妙な開催時期とも言えます。現行の様々なバス路線の中では仙台~新潟が気になりました。4時間15分は確かに長いですが、その過程を愉しむのがバス旅行です。

最近は安全への配慮(ハイテクによる事故リスクの低減)にも留意しているようで、利用者から見て一層魅力的なものを感じて参りました。おはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

seisuidiverさん、ありがとうございます。

初コメントを頂き感謝しております。拙ブログは去る3月にヤフーブログから移転した経緯もあり、当初は寂しい環境にありましたが、「石の上にも三年」を常に念頭に置き、半年近くを経てようやく軌道が安定に至った気が致します。

コンセプトとしては
①地域、分野を問わず、ダイバーシティーを歓迎するスタンス
②情報発信に偏らず、ブロ友様とのコミュニケーションを重視する
③その為には仁や礼節に重きを置く
にございます。改めまして、これからも宜しくお願い致します。

重ね重ね、記事についての感想にも感謝申し上げます。本日は格別なる厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

お早うございます、

「バスまつり」とは面白い企画ですね、
初めて知りました、
今や高速バスで遠くまで行ける時代になりました、
新幹線に乗らず深夜便で関西からも東京行きも出ています、
懐かしい時代の型を見るのも楽しいですね、

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

気軽なバス旅行は確かに魅力ですね。仙台からは名古屋行きも出ているようです。自分はメカとしてのバスも好きなので、運行経路のみならず様々な興味が湧くバスまつりでした。いつしか新潟へのバス旅行の夢が実現できるように考えています。

おはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは

楽しそうなバス祭りですね。
バスは長距離で運賃もお安くお得感がありますよね。
新潟まで4時間15分とは驚きです。
もっと色々行き先があるのでしょうね。

URL | つや姫日記 ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

今ネットで調べてきましたが、SSライナーの仙台~酒田(庄交バスターミナル)の所要時間は3時間35分なのですね。新潟は更に40分掛かることになります。

太平洋の仙台と日本海側の主要都市である酒田(鶴岡も含む)・新潟を結ぶ便の存在は極めて大きいと認識しております。これを利用しない手はありませんね。本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは

バスのお祭り、楽しそうですね。
日常の通勤の他に旅行や観光バスもあり馴染みの深い乗り物ですね。レトロな形のバスに目が惹かれます。
実際に乗ったらノスタルジーな気持ちになりますね。

URL | Joey rock ID:-

横町利郎様

3年前北海道旅行を兼ねて札幌にある両親のお墓参りに行きました。
その時札幌から羽幌迄高速バスに乗りました。片道3時間早かったです。
増毛から日本海を眺めながらバスに揺られて楽しかったです。
バスの形も色々その土地柄のデザインなど
懐かしく楽しいお祭りですね。見物人もたくさんですね。

joeyrockさん、ありがとうございます。

自分は電車旅行よりバス旅行が好きです。真髄はなるべく最前列に座り車窓からの眺めを愉しむことに尽きます。何も考えずに風景を目で追う。これは至福の時間です。この日は連休初日とあって親子連れで賑わっておりました。

但し、イベントとしてもう一歩と思ったのが、ボンネットバスがあってもいいという点です。マニアックになりますが、これは多くのファンの心理と察しております。おはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

9月8日に古丹別のお話をお聞かせ頂き感謝申し上げます。両親のお墓は北海道にあるのですね。バスで見知らぬ土地を走るのは、それだけでも胸が躍りますね。自分は物好きなほうなので見知らぬ土地にバスや列車で行き、そこを行き当たりばったりでほっつきまわることが好きです(笑)

かつてのTV人気番組の冒頭のにダークダックスの「知らない町を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を 眺めていたい どこか遠くへ行きたい…♪」という「遠くへ行きたい」という曲が一世を風靡しましたが、心境は正にその歌詞に尽きます。それだけに旅情を著しく刺激される歌という気が致します。

おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)