fc2ブログ
South Africa anthem before the Rugby World Cup Final


南アフリカ共和国国歌「神よアフリカに祝福を」和訳(kentarrow様のブログより引用)
神よ 祝福したまえ アフリカを 
総ての争いを妨げ終わらせ 
神よ 我々の国を祝福したまえ 南アフリカを 南アフリカ!

青き天より響き、深き海より響く
永遠なる山々をこえてこだまする

ともに来たれとの呼び声、統一し立とう
自由のために生きよう!そして励もう!
南アフリカ!我々の国で
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
リンク曲「神よアフリカに祝福を」について
間もなくラグビーワールドカップ2019日本大会が始まる。去る9月13日お伝えしたばかりの南アフリカ国歌だが、アパルトヘイトを乗り越え、多くの民族の融合を図った故ネルソン・マンデラ大統領の裁量によるこの複合歌(反逆歌と賛美歌をミックスさせたもの)にはうならざるを得ない。

世界を見渡せば今でも白人優位主義の動きがあるが、これは一体どんなものなのだろうか?ナショナリズムやファシズムの台頭は世界を二度の大戦に巻き込んだ。私はネルソン・マンデラの講じた民族融合こそがグローバルであり、ダイバーシティーを認めようという大きな流れの根底と考えるのである。

それはさておき、南アフリカ国歌を聴くのは非常に心地よい。動画には喜望峰が登場するが、この岬を見ると、15世紀の後半にポルトガルによって開拓されたインド航路の野望が甦る気がする。世界の国歌は結構血生臭い歌も多いが、この南アフリカ国歌を聴く限りでは過去の暗い民族紛争も、全て水に流し、今はノーサイド(ラグビー用語:試合が終わって双方の選手が敵味方なく、互いの健闘を讃えあうこと)という印象を受けるのである。

我々のルーツを辿ればアフリカの内陸部に行き着くと言われるが、ここ南アフリカは人類発生の地にも近い。然らば、大航海時代の喜望峰への計り知れないロマンといい、人類のルーツ発祥の地といい、様々な思い入れを感ずるのはけして私のみでないと考えるのである。

1国土賛歌

何故、五日前に掲載した南アフリカ国歌を再掲載する気になったのか?を説明したい。Googleアナリティクス(分析ソフト)で調べたところ、日が浅いにも関わらずこの9月13日の記事がTOPでヒットしたのである。外国国歌という分野はブログでは極めてマイナーであり、私の知る限り数サイトを数えるのみである。そんなマイナーと思われる記事に多くのアクセスが集中したのは極めて意外だったが、恐らく明後日開幕する世界ラグビー(南アフリカは世界制覇を二度行った強豪チーム)での南アフリカチームの注目度が関与したものと考えている。

2ベスト7ディレクトリー

南アフリカの記事を掲載した9月13日からPV(ページビュー)が急に上がって、この記事だけで同日40近いアクセスがあり、翌日の9月14日には70近いアクセスとなった。今の拙ブログのコンテンツから言って、このようなことはなかなかないことである。

3PV

私は今月初めの壮行試合(日本VS南アフリカ)を観て南アフリカチームが好きになった。この場を借りて注目選手を紹介したい。右は南アフリカチームの精神的支柱とされるビクター・マットフィールド(ポジションLO)である。

4精神的支柱

南アフリカの暴れ馬ことエベン・エッベス(LO)は喧嘩早いことで有名だが、ベンチプレス175キロ・片手でのダンベルプレス60キロと並外れた強靭な肉体を誇る選手である。ラフプレーが多く、不適な笑みをたたえながら相手選手と殴り合うのはけして褒められたことではないが、パワーとスピードに溢れたプレーは着目に値する。

5エベン・エッベス

巨漢LOのルードベイク・デヤーヘル(206センチ・125キロ)である。高さを活かしたエベン・エッベスとの双璧は敵を大いに悩ませることだろう。

6デヤハー

横町挨拶
マイナーと思った南アフリカ国歌にこような注目が集まったことに驚くとともに、アクセス分析ソフトの有難みを改めて感じた気が致します。自分は傾向として、これまでフランス国歌(La Marseillaise)のような過激な国歌に対して視線が行っていましたが、南アフリカ国歌のグローバル志向を知り、興味の範囲が広がりつつあるのを実感しています。

同時にネルソン・マンデラに関する伝記にも接し、彼の人柄に触れてみたい気が致します。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。最後にブロ友の皆様にお願いがあります。それはコメントをする際に国歌と国家を間違えないように願いたいことです。(過去に於いて結構ありました;)

※ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)