fc2ブログ
 God Defend New Zealand (National Anthem): Hayley Westenra - Rugby World Cup Final 2011 



神の下に生まれし国
我等を結びし愛の絆
届け我らの声
神よ我らの自由なる国を守り給え

太平洋に輝く三つ星
敵の魔の手から之を守らん
響き渡る主への賛美
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
リンク国歌「神よニュージーランドを守り給えについて
オセアニア州の国歌をリンクしたのは今回が始めてである。オセアニア州は太平洋に浮かぶ南半球の一部だが、ラグビーが盛んな地域である。ニュージーランドに至っては人口約400万だが、ラグビーのレベルは極めて高く、常に世界ランキングの最上位に君臨している。圧倒的なパワーとスピードとテクニックは、他の強豪国と比してほんの僅差ながら、時間の経過とともにいつの間にかスコアに反映している。これがラグビー大国・ニュージーランドと言われる所以と捉えている。

オールブラックス(ニュージーランドナショナルチームの別称)のいでたちである黒ずくめのウェアーはけして伊達ではない。選手の首の太さをご覧頂きたい。鍛え上げられた肉体は精悍そのものである。それだけに戦いの前のハカ(セレモニー)には威圧感を感じる相手国選手も多いことだろう。予選でライバルである南アフリカを下し、本大会もやはりオールブラックスを中心に進んで行く予感を抱く。個人的にはもちろん北半球の強豪国にも頑張ってもらいたいのだが…やや古い動画(2011年のワールドカップのもの)で恐縮だが、内容を精査し厳選に厳選を重ねたのがこの動画である。本日はラブビー大国・ニュージーランドの栄誉を讃え、本大会での健闘を祈り同国国歌をリンクに及んだ次第である。
  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
さて、次の表をご覧頂きたい。ラグビーワールドカップの過去の国別成績である。優勝経験のある国はたった4チーム、その中で北半球の国はイングランドのみである。フランスに至っては3回も準優勝しているものの、優勝はしていない。実に8回のうち、7回までは南半球の国なのである。その7回を更に国別に分析すると南半球が3ヶ国、北半球が1ヶ国となる。人口比率で言えば南半球の人口は全世界のたった8パーセントにも関わらず、ラグビーの実力では完全に北半球を凌駕しているのである。北半球に住む自分としては、南半球の強豪国(ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ)に劣等感を感じるわけだが、半面畏敬や羨望にも繋がるのである。

過去優勝国

今はワールドカップラグビー日本大会が開催されているが、自分は連日のようにTVの前に釘付けとなって各国の奮闘振りを楽しみにしている。

1ラグビー場

もちろん日本チームも応援している。28日のアイルランド戦も是非健闘して欲しいと願っている。但し私は必要以上に勝敗にこだわらないことにしている。勝敗にこだわってしまうとプレイヤーの個々の能力を蔑ろにしてしまうことになりかねないというのがその理由である。ラグビーの魅力はなんといってもパワーとスピード、そしてテクニックのぶつかり合いにあると考えている。贔屓チームを持つことで、公平な視線が阻害されてしまうのを私は最も嫌うのである。

2日本チーム

ラグビーはルールが難しくてとっつき難いと或るかたから聞いた。自分もそう思う一人であった。だが今は違う。熟知したわけでないが凡その内容を知ることで真の魅力を知るものとなった気がする。

3ルール

スクラム、タックル、キック…鍛え抜かれたフィジカル、そして精神力、全てが私の興味の対象である。

4プレイ概要

横町挨拶
記事を書きながら今はニュージーランドと南アフリカの対戦を再放送で観ております。早くも優勝候補同士が予選でぶつかる好カードですが、何度観ても感動ものです。ニュージーランドのハカ(試合前に士気を鼓舞するセレモニー)も気合十分です。自分も両チームの気合と戦い振りに感化されそうですが、人類の闘争本能の原点を重ねるスポーツと考えています。

話は変わりますが今日は休み前でもございますので、飲みすぎないようにしなければいけません(笑)本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


6六百横町


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)