fc2ブログ
 National Anthems - Ireland vs England [6N Rd1 2019] 


アイルランド国歌「兵士の歌

我らは歌う兵士の歌
奮起する歌声と共に
燃えたぎる火を囲みながら
頭上の満点の星
戦いを待ち望み
夜明けの光を待ちながら
静かな夜の中
我らは兵士の歌を歌う
コーラス

我らは兵士、この命をアイルランドに捧げん
荒波を越え
自由を誓う
祖先の地に暴君はいらぬ
今宵 我らは命を賭けて
悲しみも幸福もアイルランドのために
大砲が轟き、銃声が鳴り響く中
我らは歌う兵士の歌

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

アイルランドチームアンセム「アイルランズ・コール」
 
来たれ日よ時よ
来たれ力よ栄光よ
すでに答えはでている
我らが祖国の叫び
誇り高きアイルランドの四地域からの叫び
アイルランド アイルランド
共に高く立ち上がろう
共に肩を並べてアイルランドの叫びを歌おう 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

アイルランドの二つの歌について
イングランドVSアイルランドのラグビーの国際試合前の国歌演奏である。お馴染みのイギリス国歌「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン」の演奏に続き、アイルランド国歌はその後の1分18秒から演奏される。観客の歓声と拍手が湧き上がる中でアイルランドの二つの国歌(厳密には国歌は「兵士の歌」で「アイルランズコール」はアンセム)が演奏される。アイルランド選手の表情をご覧頂きたい。実は彼らの国籍は二つの国家に跨っている。ラグビーの試合に限って、演奏は二曲(兵士の歌アイルランズコール)に及ぶ。地図をご覧頂きたい。

地図

北アイルランドはイングランド統治、アイルランド共和国はアイルランド統治の土地ゆえ、このチームは一般的な考えでは全く思いも付かない統一チームなのである。例え思想は違っていてもラグビーの試合において、彼らは一丸となる。ことアイルランドに関しては、「スポーツは思想を越える」と言ってもいいのかも知れない。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

去る9月28日、ラグビーワールドカップにおいて、日本はまたしても歴史的快挙を遂げた。日本チームは2015年のワールドカップで強敵の南アフリカを破ったが、今回のアイルランド撃破もこれと甲乙つけがたい大金星であった。試合内容から言ってがっぷり四つに組んだ戦いぶりは、少しもまぐれという印象を抱かせない。正に堂々たる勝利であった。

1スクラム

この試合で感心したのは、アイルランドチームが負けたにも関わらず、友好の花道(二列になって日本チームに拍手を送った)を作って日本チームの勝利を祝したことである。スポーツによる親交は国境を越えると言われるが、正にその最たるものを感じたアイルランドチームの善意であった。その後日本チームがアイルランドチームに友好の花道を返して会場の拍手喝采を浴びた。この動画は既に百万回を超える再生を記録しているという。9月28日の試合後にアイルランドチームがとった行動には真のスポーツマンシップを感じて止まない。

2友好の花道

横町挨拶
私はアイルランズコールが好きです。それは思想の異なる二つの国家を一つに導くものであり、魂に響く曲だからです。特に「共に高く立ち上がろう!共に肩を並べてアイルランドの叫びを歌おう !」と言う部分には昨今の国際社会が求める共存共栄の精神(ダイバーシティー&インクルージョン)を強く感じます。

世界史を振り返れば、これまで民族は何度となく紛争と和解、或いは服従を繰り返して参りました。国が国家主義に走り過ぎれば、他国と摩擦を生ずるのは必然とも言えます。政治とスポーツは異なりますが、美しいスポーツマンシップは民族の心を揺り動かす原動力ともなり得ます。そういう意味で9月28日のラグビー世界選手権の場でとったアイルランドチームの行動(勝者を讃える:ノーサイドの極み)は素晴らしい気が致します。自分は民族の共存共栄を推し量るには仁が不可欠と捉えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


3六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)