FC2ブログ
以前もお伝えした通り、みちのく春秋の前編集者の井上康氏は今年の春頃から病気療養中であったが、幸いにも7月に退院し編集スタッフを一新して再スタートすることとなった。本日は新たな組織について発表したい。編集長には青森県の鎌田紳爾氏、その下に三人の編集員が位置する。メンバーの中に秋田県と岩手県のかたが含まれていないが、はっきりしたことは不明である。

それはさておき、今まで井上氏が一人でやっていたことを、このような組織で対応するので以前と比べれば格段の進歩と捉えている。私は宮城県在住の同人誌会員になっているので高橋道子氏が編集の担当ということになる。(以下の図では敬称略)

1みちのく集住編集部組織図

横町挨拶
井上氏の病気でみちのく春秋・春号の編集と発行が滞り、一時はどうなるかと心配しましたが、ようやく新スタッフが決まり一安心しています。2019年に関しては既に春号が発行されましたが、夏号と秋号が欠番となり、2020年の新年号からの再スタートになります。自分としてもまだまだ書きたいことがいっぱいあるので、新体制に期待しています。先ずは歴史小説『我がルーツと大河北上』を完結させ、次の作品の執筆に移りたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)


2六百横町

関連記事

コメント

こんばんは~♬

大きさ組織なんですね。
再スタートできて良かったですね。
今後の益々のご活躍、願っています。

URL | 布遊 ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

自分としては「我がルーツ大河北上」の連載終了後のことも考えています。同人誌ということで、改めて身の引き締まる思いが致します。
おはからいにより、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

お早うございます、

新体制で新年号からの「みちのく春秋」が
楽しみですね、
是非、「我がルーツと大河北上』を完結させて
新年号を飾って下さい、
期待して居ます、

URL | 雲MARU ID:-

こんばんは

みちのく春秋の復活
おめでとうございます。
なんと言っても横町さんの活動の場でもあるわけですから
本当に良かったと思います。

URL | つや姫日記 ID:-

みちのく春秋。

横町利郎様へ
みちのく春秋の再開おめでとうございます。
おそらくこの再開こそが横町様にとっては励みになり。
追い風となるかと思います。更なるご活躍を願い祈っております。有難うございます。

雲MARUさん、ありがとうございます。

今年に関しては新年号と春号のみの発刊となりました。但し作品の連載は続いていますので、しっかりと完結させ、次作に繋げたいと考えています。
お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

つや姫さん、ありがとうございます。

みちのく春秋の発行が滞り、一時はどうなるのかと心配しましたが、新体制の編集部のもとで再スタートされそうです。次の作品も既に視野に入っているので、これを励みとして行きたい所存です。

お陰様で、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

不あがりさん、ありがとうございます。

待ちに待った再開にございます。毎回毎回、投稿が近づくとプレッシャーを感じないわけでもございませんが、これをいい意味で追い風として精進して参ります。

おはからいにより、今回もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

横町利郎様

「みちのく春秋」の新スタッフが決定して
一安心ですね。これから歴史小説や執筆活動にご活躍ですね。
新体制は組織が対応されて良い方向に向かわれると思います。
ますますのご活躍祈ります。

みちのく春秋の組織立て直し、誠にめでたいことと思います…。
井上氏が孤軍奮闘され、これまで頑張ってこられた実績が、いつしか後継者を育てることになっていたのでしょうか…。
ともあれ、しっかりした組織が作られたのは何よりです…。
貴兄の活躍母体の復活に心よりお祝いを申し上げます…。

URL | boubou ID:-

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

ようやく、文芸誌「みちのく春秋」の新体制が固まり、一安心しております。スタッフの皆さんとは密に連絡を取り、読者のニーズも視野に入れ、同誌に作品を提供して参りたい所存です。

お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

新組織が固まるまで時間を要しましたが、これで一安心。これからは次の作品を意識して新たな執筆に励んで参ります。同時に編集部のかたがたとのコミュニケーションも重視して参りたい所存です。

お陰様で、今回も真摯なコメントを頂戴致しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)