fc2ブログ
仙台に住んでいながら、「東一番丁始源地」(現在の青葉区一番町の南限)を知らない人は意外と多いと察している。恥ずかしながら自分もその一人であった。フレックスを使い会社を早上がりした私は一番町(昔で言う東一番丁)と交差する柳町を訪ねた。大した理由もないが、しいて目的を挙げるならば番ブラ(一番町をぶらつくこと)である。

1柳町星光ビル

柳町と交差する教楽院丁(一番町と並行して走る通り)である。一方通行の狭い路地だが、この名前を知っているかたは結構少ないことだろう。

2教楽院丁

Google航空写真で、各通りの名称と「東一番丁始源地」石碑の位置を確認して頂きたい。

3Google航空写真

教楽院丁から一番町に西進する路地は名前が定かでないが、このような上品な飲食店が多く、気になるスポットである。写真中央部のコーヒー一杯が1000円のカフェは結構繁盛しているようであった。

4洒落た店

東一番町に抜けて北に向うと間もなく「東一番丁始源地」の石碑がある。ここから北が東一番丁ということなのだろう。

5東一番町始源地

石碑の向え側には、このようなオフィスビルが建っているが、一階のテナントにはセブンイレブンが入っている。

6始源地近くのビル

南町通と一番町の交差点である。毎年5月に行われる仙台青葉まつりの雀踊りでは、この場所が起点となっている。ちなみに一番町でアーケードが設置されている区間はここから北である。

7南町通一番町

横町挨拶
「灯台下暗し」という言葉がございますが、本日の番ブラは正にそんな形容詞が似合うものとなりました。戦災で殆どが焼き払われた仙台の中心部ですが、昭和の頃の情緒を留めた路地は結構ございます。そんな路地をぶらつくのは至福の時間です。セカンドライフに入り、こういう機会が多くなったのは願ってもないことですが、歩く度に仙台への限りない愛着が増してくる気が致します。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。

(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)