fc2ブログ
 Passionate Ireland's Call Anthem 


ラグビーアンセム「アイルランズ・コール 」歌詞

来たれ日よ 時よ
来たれ力よ 栄光よ
すでに答えは出ている
我らが祖国の叫び
誇り高きアイルランドの四地域からの叫び
アイルランド アイルランド
共に高く立ち上がろう
共に肩を並べてアイルランドの叫びを歌おう  

海外のラグビーのサポーターはビールを大量に消費するという。これはサッカーよりも顕著に現れる傾向だが、ラグビーの持つ格闘技系の要素が作用している気がする。私もその一人だが、ラグビーを観ながらアルコールを消費するのは我が国でも言えることでないだろうか?現代社会では人間が本来持っている闘争本能を抑える必要がある。そんな中において激しい肉弾戦が展開されるラグビーには、その抑制を一気に吹き飛ばすような強い刺激が潜んでいる気がする。

1観客

いよいよ佳境に入ってきた世界ラグビーだが、本日は準々決勝のうちの二試合が行われる。
①イングランドVSオーストラリア(16:15開始)
②ニュージーランドVSアイルランド(19:15開始)
である。
リンクしたアイルランズ・コールは消して国歌ではなく、ラグビーの試合に限って演奏されるラグビーアンセムである。

2トーナメント

ラグビーの世界ランキングをご覧頂きたい。先日日本に破れたとは言え、アイルランドは4位をキープしている強豪国である。名実ともに王者のオールブラックス(ニュージーランドチーム)に対してどう挑むかが見ものである。

3世界ランキング

グレートリテン島とブアイルランド島には四つの国家が存在する。アイルランドと北アイルランドは本来は別な国家であるが、ラグビーの試合に限っては統一チームとして共に肩を組んで戦う。アイルランズ・コールを歌うことで彼らは政治や思想を越える。その姿を見るとこちらまで清々しい気持ちになるのである。

4四つの国家

アイルランドチームの有力選手を紹介する。キャプテンのローリー・ベスト(37歳・ポジションはフッカー)である。国歌斉唱では常にポーカーフェイスでクールな印象だが、自称アナログ人間(スマートフォンは使わない主義)であり、数年前から都市を離れて郊外で農業を営んでいる。試合ではスクラム、ラインアウトとセットプレーの中心を務める。

5ローリー・ベスト

スキンヘッドがよく似合うが笑顔が素晴らしい。チームメイトや相手選手への思いやりにあふれ、徳を感じる人物である。彼の言動には器の大きさを感じるが正にキャプテンに相応しい人材という気がする。120近いキャップ(国際試合の経験)も凄い!ローリー・ベストは今回のW杯日本大会を機に引退を表明しているが、非常に惜しい名選手である。

6ベスト優しい表情

もう一人の有力選手はジョナサン・セクストン(34歳・ポジションはスタンドオフ)である。運動量が多く相手チームから格好のタックルの標的になり、脳震盪を何度も起こしているのが心配の種だという。本日のニュージーランド戦で活躍して欲しい選手の一人である。

7ジョナサン・セクストン

横町挨拶
アイルランドと言えば先日の対日本戦での「友情の花道」が記憶に新しいところでもあります。彼らは英国と隣国となりますが、英国に劣らず紳士です。但しこれはノーサイド後のことであり、恐らく今日は闘志むき出しで王者・ニュージーランドに立ち向かって行くことでしょう。第一試合のイングランドVSオーストラリアももちろん楽しみにしていますが、ラグビーに明け暮れる土日になりそうです。

ラグビーの試合の前だけに演奏されるアイルランズ・コールは何度聞いてもカッコいいですが、国歌演奏が始まれば、ニュージーランドチームのハカとともに、テレビの前に釘付けになりそうです。明日登場する日本を始め、準々決勝に進出したチームには好きな選手がいろいろと居ますが、敢て贔屓には拘らずにクールに試合の行方を見守りたいと考えています。

競技の性質が性質だけに、ラグビーを観ているとどうしてもハイテンションになりがちです。本日はもちろんアルコールを飲みますが、明日もあるのであまり早い時間から飲み過ぎないよう注意したいと思います。(笑)本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)


8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)