fc2ブログ
昨夜の世界W杯の日本対南アフリカは視聴率が最高で50%を超したという。これは驚異的な数字だが、恐らくラグビーに興味のない人まで観たのではないだろうか?本日はほとぼりの冷めないうちに昨夜の熱戦を振り返ってみたい。まずは開始10分ほどして南アフリカのフォワードのテンダイ・ムタワリラ(愛称はビースト)が稲垣に危険タックルをかけ、10分間の退場となった。緊迫した雰囲気の中で息を飲むようなシーンだったが、稲垣は怪我がなくてよかった。

10分間に渡って南アフリカは14人で戦わなければならない。日本はトライを挙げる絶好のチャンスだったが、南アフリカは守りきってテンダイ・ムタワリラが再び戦線に復帰した。それでも膠着状態が続き、前半は5対3で南アフリカリードで終わった。ラグビーにとっての2点差はあってないようなもので、ハーフタイムでは、勝敗の行方が混沌としていた気がする。

1危険タックル

後半に入って一気に南アフリカのエンジンが掛かった。前半は互角とも思われたスクラムだが、後半は日本がやや押され気味となった。フォワード8人の合計体重は南アフリカが900キロ強、日本は870キロ弱。平均体重で約4キロほど重い南アフリカだが、数字以上にパワーの差を見せつけられるものとなった。

2スクラム

そしてラインアウトは南アフリカの独壇場。日本ボールのラインアウトがかなり南アフリカにブレイクされ、ボールを奪われてしまった。ルード・デヤハーエベン・エツベスピーターステフ・デュトイルドルフ・ガーハーダス・スナイマンと2メートル以上のフォワードが4人(このうち常時3人が出場)もいる南アフリカが、持ち味の高さを使って日本にプレッシャーをかけてきた。

3ラインアウト

空中(ハイボールキャッチ)で南アフリカのマカゾーレ・マピンピと激しく接触する松島幸太朗。マピンピの首に松島の手が入り、結局ペナルティを取られてしまった。

4空中戦

南アフリカは後半モール(集団で固まってプレッシャーをかける力技)を多用してきた。一旦集団が動き出すと勢いがついて止まらなくなる。日本はこのパワープレイに散々苦しめられた。モールで一気に40メートル近くも押される日本。こうなると為す術もない…終わってみればスコアは26対3、日本はワントライも奪うことなく強敵南アフリカの前に敗れ去った。

5モール

横町挨拶
TVを観ていて驚いたのは前半の日本のボール支配率が8割近かったということです。それだけ南アフリカは守りに回らざるを得なかったわけで、前半終了間際のトライも認められず、南アフリカにとっては非常にフラストレーションがたまる前半でした。この時点で或いは?と思った日本ファンも多かったのではないでしょうか?

後半に入ってから南アフリカは戦術を変えてきました。松島や福岡という日本の快速ウイングを封じこめる戦法(小キックをわざと競り合いになる場所に上げる)に出たり、モールやラインアウトを巧みに使って日本の弱点をついてきたのです。また玄人目線から見ると、南アフリカのオフサイドワークが絶妙(反則すれすれというかどう見ても反則だが全員が一緒にこの動作をするので審判もオフサイドと判定することが出来なかった)だったという話もございます。

南アフリカは単にパワフルなだけでなく、こうしたテクニックにおいても老練なものがあったようです。大変悔しいですが負けは負けです。準決勝に進出した南アフリカには日本の分まで頑張ってもらいたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)


6六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)