FC2ブログ
 Joe Cocker & Jennifer Warnes - Up where we belong 1983 


リンク曲について
1983年のJoe Cocker & Jennifer WarnesによるUp where we belongは往時大ヒットした記憶がある。この曲を聞いて思い浮かぶのは、若かりし我が青春時代である。世渡りが下手で人様より多分に廻り道をした人生だったが、今は悔いはない。否正確に言えば「悔いがない」と自分に言い聞かせている自分がここに居るだけなのかも知れない。甘やかされて育った幼少期のツケが一気に廻ってきた我が青春時代の思い出は圧倒的にほろ苦いものが多い。

不器用で武骨がゆえに、常に外に出れば、七人どころか多数の敵が私を取り囲んだ。それでも自分を曲げない。そんな人生を送るうちに三十代に入って、何とか結婚でき子供もできた。家庭を持つ喜びはそれまでの殺伐然とした我が心にオアシスをもたらした。ささやかながらも幸せを掴んだのである。

だが、その幸せも長くは続かなかった。四十代後半に入って転勤を言い渡され、故郷より遠く離れた地でうつを発症したのである。窮地に陥った私を支えてくれたのが家族の存在と敬愛して止まない我がルーツであった。私は無宗教で無神論者だが、儒教を心の拠り所としている。儒教には先祖を何よりも敬う思考があるが、自分も我がルーツを心から尊敬し、畏敬にさえ及んでいる。

そのルーツに迫る為に定年退職した後にルーツ調べも行った。祖父かたのルーツは6代先まで遡ることができた。その想いは『我がルーツと大河北上』という歴史小説に書いた。石巻に根差した我がルーツ(祖父方)について書くことは、自分にとってできる唯一の恩返しでもある。

今宵リンクに及んだUp where we belongはそんな自分の生い立ちと歩みを振り返る際に相応しい曲である。人によって音楽への嗜好は様々だが、自分には80年代前半の曲が最も耳に馴染む。その理由を問われても適格な理由は述べられないが、これは人を好きになる理由を尋ねられた際の困惑と似ているのかも知れない。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本日は天皇即位の為の休日である。生憎の雨であったが、「令和」という時代を改めて考えるべき一日と捉えている。高齢化社会、経済の低迷、地球温暖化、外交問題と課題が山積みになった感のある我が国の令和だが、まだ隠居には至っていない自分が成すべきことを確と踏まえた上で、セカンドライフをより充実したものとなるよう日々精進して行きたい。

自分はこれまで多くの失敗によって進歩してきたわけだが、この図式は死ぬまで続くものと受け止めている。年を取ってもポジティブに前に出る。これは一方で失敗のリスクを伴い、ファイターとしての宿命とも言えるが、失敗に至った際の懸念などは敢て封印し、自分を信じて前に進んで行きたい。

セカンドライフでは水曜日が休みとなったが、本日の火曜日と合わせて連休となった。私が今宵の晩酌の友に選んだのは低カロリーで定評のあるつき蒟蒻(業務スーパーにて販売、一袋¥46)である。酒は焼酎の20パーセント(25パーセントだとオンザロックが濃すぎる)である。

1焼酎&つき蒟蒻

つき蒟蒻に白ゴマ(こちらも業務スーパーで販売)をかけてみた。相性は抜群である。何よりも低カロリーなのがいい。セカンドライフで最も懸念する必要があるのが成人病だが、このような組み合わせで晩酌を楽しむ限り、そのリスクは少ないものと認識している。酒は飲みすぎないようにメスシリンダーを使って計量した上で嗜んでいる。飲みたいという誘惑に打ち勝つことはけして容易でないが、自分にはこの先のセカンドライフにきっといいことがあると言い聞かせて、残された人生行路に新たな軌跡を刻みたい。

2ヘルシー&リーズナブル

横町挨拶
令和天皇即位の礼で休日となった本日もこうして暮れて行きます。本日が特異な日であるのを十分認識しているつもりの自分ですが、本当の実感が湧いて来るのは人生を全うする時なのかも知れません。昭和に生を受けて平成、令和と三時代を歩んできた自分ですが、還暦を過ぎそろそろ人生航路の終着さえ意識する昨今です。いつ死んでもいいように備える。終活を始めるに当たって早すぎるということは、けしてないと捉えています。ブロ友の皆さん、今日は愛でたい日でもございますが、酔いに任せての乱文乱筆を何卒ご容赦願いたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)


3六百横町
関連記事

コメント

今晩は 
令和が 平和でいい時代になってほしいですね

URL | maki1939 ID:-

こんばんは~♬

わたしも平成元年の頃を思い出してみました。
30年間に良いことも悪いこともいろいろあったように思います。
令和は良いことが続きますように・・

URL | 布遊 ID:-

横町さん、こんばんは!

なんと実生活でメスシリンダーを使ってるとはすごいですね!
メスシリンダーって理科室か理系の研究室ぐらいでしかお目にかからないですからね!(●・ω・)

実はメスシリンダーほど厳密ではないですが、
飲み物を飲むときに計量カップではかることぐらいはありますね!

ちゃんとはかって飲みたいと思うときもありますもんね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

まきさん、ありがとうございます。

即位の礼にあたって何か書かねばと思い、このようなぼやきを発してみました。おはからいにより、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

令和という時代は始まったばかりで実感が湧かない(客観ではなく、あくまでも自分の中でという意味で)のですが、昭和や平成の思い出は数多く、それだけ自分も馬齢を重ねてきたんだなという印象です。

昨日はけじめにあたって、自分にとっての令和はどんな時代になるのか?そして何をやるべきか?を考えてみました。お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。ありがとうございます。

かーとさん、ありがとうございます。

実はメスシリンダー(酒の種類毎にテープで印をつけてます)を使ってまで酒を飲むと飲んだ気がしないのです(笑)もっと豪快に飲みたいと思うのですが、本分(自分は文章を作るのが何よりも好きです)を考えれば、飲みすぎるわけに行かないということです。

かーとさんとは分野が異なりますが、「文章を作ることが好き」は全く一致するところです。但し読者にはしっかりと目を通して頂けるかどうか、このあたりは気になる点でございます。

改めまして、これからも宜しくお願い致します。本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは
 今日は朝からとてもいい天気になりましたね。昨日は天皇即位の礼はあいにくの 雨。雅子様の緊張されたお顔がとても印象に残りました。横町様はまだ60代なん ですね。これからは益々の健康第一になさって下さい。
 私も今終活を始めています。ああ、いつの間にそんな年齢になったのだろうと思 いながら…

こだぬきさん、ありがとうございます。

明治生まれのかたでまだ存命のかたがおいでですが、自分も三つの元号に渡って生きてきたのだな…と回顧しております。残された間に何ができるかをよく考え、無駄のない一日一日を積み上げて参りたい所存です。

自分は執筆に関して意欲を持っていますので、その気持ちを絶やさないよう、セカンドライフはフィジカルのみでなくメンタルも十分にケアして行きたいと思います。お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

リンク曲、しみじみとしたいいメロディですね…。。。映画「愛と青春の旅立ち」の主題曲とは知りませんでした…。。。名前くらいは聞いていましたが、映画も見ていません…。。。歌詞の和訳を調べてみました…。。。郷ひろみの歌として、なかにし礼さんの和訳がありましたので、下に引用紹介させていただきます…。。。

愛と青春の旅立ち
歌手:娜ひろみ
作詞:Will Jennings·なかにし礼
作曲 : Jack Nitzshe · Bufhr Sainte-Marie

明日のことは 誰も知らない
生きているかどうか それもわからない
愛は夢かまぼろしだけど
信じればあるさ
君とぼくの手を むすぶとき遠い空に
見えるものがある
あそこまでは 行ってみよう
今あるものがそれがすベてだ
過去や未来の夢在忘れよう
道は遠い山径だけど
一歩一歩登れ
愛がぼくたちを押し上げてくれるだろう
鷲が空を舞う 風も甘い山の上ヘ
泣いてる暇はない
命は今だけ
愛がぼくたちを押し上げてくれるだろう
鷲が空在舞う 風も甘い山の上ヘ

これからの人生どうなるか分かりませんが、
一歩一歩着実に歩んでいきたいですね…。。。

曲の紹介、ありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:-

こんばんは

新しい天皇即位の日に
横町さんの決意表明を しみじみと伺いました。
常に順風満帆で今まで歩かれた人生ではないことも
素直にお話になる勇気が素晴らしいと思います。

でも前向きに頑張ってこられたんですよね。
令和の即位式の始まりは強い雨でしたが
やがてやんで空には美しい虹がかかりました。
横町さんの人生もやがて虹がかかりますね。
もうすでに雨は止んでいるのですから。

URL | つや姫日記 ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

熱いコメントに感謝申し上げます。自分としてはそう言えば、この曲は映画音楽だったなという記憶しかなく、もっぱらメロディーに聞き入っております。自分がYOU TUBEリンクの際に拘る点を羅列しますと
①リンク無効になり難いもの
②自分の情感を曲に託すだけの曲か否か(曲相だけでなく歌詞も)
ということになります。
自分は休みの前にいい音楽を聴きながら文章を作る刹那に限りない至福を抱く所以にございます。自己陶酔では?と言われそうですが、敢てそれは否定しません。それは「文章を綴ることは、先ずは自分を愛することから始まる」という自己信念に基づくものだからです。

音楽リンクの難しさは「人によって曲から受ける心情が異なる」ということです。もちろんこれは個人の受け取り方であり、自由です。昨今自分は南アフリカ国歌の由来(アパルトヘイトからの決別)から「ダイバーシティー&インクルージョン」が如何に重要なものなのかを再認識しましたが、人様の述べられた曲の印象についても、寛容なる心を持って受け止めたい次第です。

本日もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

つや姫さん、ありがとうございます。

天皇即位日になにか書かねばと自分に言い聞かせて、このような自己暴露的な執筆と相成りました。私小説は自分を如何に曝け出すかが肝ですが、様々な柵もあり、まだまだネタの全てを出し切ったとは言えません。これからは時の経過とともに、柵は更に少なくなっていくものと捉えています。

読者様の目線が気にならないと言ったら嘘になりますが、自分を律することであまさを除去して参りたい所存です。以前滝に願をかけて頂いたことはけして忘れませんが、今回も格別なるエールを賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

横町利郎様

即位礼正殿の儀おごそかにとても厳粛に
行われました。天皇の装束が神々しく感じました。
この日は関東地方朝から強い雨が降っていましたが
天皇が高御座に建つ頃は一時的に雨も止んで陽がさしました。
これからの日本が平和と幸であります様に私も祈りました。
人生色々な事があって私も終盤を迎えました。
時々はアルコール12%以下のワインで乾杯しています。

今日は、

即位礼正殿の儀も厳かに行われました、
小雨の大変な日に思えましたが儀式の終了前には
虹も見える即位礼に相応しい天気に回復でした、

令和が良い時代で有ります様にと念じています、

URL | 雲MARU ID:-

こんにちは~~今日は肌寒い日になりました。暖かいお酒が美味しい季節になりましたね。我が家のじーじも計量カップで計って飲んでいますので飲み過ぎという事はありませんが休肝日は無いですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

昔だったら提灯行列(太宰治の小説に兄貴が提灯行列に行ったというようなことを書いていました)となるところなのでしょうが、時世もすっかり変わりましたね。それでも一昨日は自分としては何か祝いたいという気になりました。

令和がいい時代になって欲しいと願うのは日本人の偽らざる心境と捉えています。お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

雲MARUさん、ありがとうございます。

一昨日は虹が花を添えましたね。我々日本人が令和と言う時代にかける期待は殊のほか大きいですね。自分にとっては次代に襷を渡す元号になりそうです。

お陰様で、今回も真摯なコメントを頂戴致しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

reirei-postさん、ありがとうございます。

メスシリンダーで測っても、ついつい飲み足りなくて飲みすぎてしまうことはよくあります。それだけ煩悩に弱い証と受け止めております。(笑)

お陰様で、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

横町利郎さん

このリンク曲は
リチャード・ギア主演の
映画「愛と青春の旅立ち」の主題歌ですね
DVDでこの作品見ました

ラストに登場する白い士官制服が
カッコよかったですね

そこに至るまでの
エピソードも泣けましたし

士官になったあと
彼女を迎えに工場に登場する
白い士官服も
まばゆく思えました

また。横町さんのエピソードも
胸にくるものもありました

グチを云わず頑張るのみ...

とりとめもなくm(__)m
これからもよろしくお願いいたします(*^^)v




URL | まりっぺ ID:-

まりっぺさん、ありがとうございます。

◆ブログ運営のモチベーション高揚法について◆
顧客の要求もあり、自分はブログから様々な作品を生み出していますが、それを促進するにはどうしたら良いかを模索しております。この音楽リンクはその一環でもございます。即ち、リンク音楽ありとなしでは雲泥の差となります。従って手間は掛かっても時折YOU TUBEをリンクさせます。そう言えばこの曲は映画音楽に使われたなという記憶はございます。

◇記事の趣旨について◇
記事の趣旨(①我が人生を振り返って②今後の余生をどう過ごしたいか)に触れて頂き感謝申し上げます。Up where we belongのリンク曲が執筆を進めてくれたお陰と捉えています。 文中の「ファイター」という言葉に違和感を抱かれたかも知れませんが、
❶どんな局面においても逃げない。
❷物事をファジーにしない。
➌何事もポジティブ志向で立ち向かう。
という理由からであって、人とファイトするという意味ではございません。

◎御礼◎
おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)