fc2ブログ

South African National Anthem VERY MOVING in Port Elizabeth on Saturday, June 23 2012



リンク動画に登場する南アフリカの港は美しい。15世紀の末の大航海時代、バルトロメウ・ディアスが喜望峰を発見したことで、ポルトガルのエンリケ航海王子が行ったアフリカ西海岸南下政策に終止符が打たれたが、その後すぐにヴァスコ・ダ・ガマが喜望峰を廻ってインドに達した。インド航路開拓である。最新鋭の大型帆船と強力な大砲を武器に、西ヨーロッパの冒険者たちは世界地図を次々に塗り替えた。

その頃の南アフリカは、まだまだ未開の地だったはずである。その後17世紀半ばから18世紀にかけて、オランダ東インド会社によってオランダ系の白人の入植が進み、これらの人々とその子孫はアフリカーンスと呼ばれ、現南アフリカに住みついた。そんな過ぎ去りし時代のことを考えながら、動画で南アフリカに拓かれた港を見ると背景に人間の果てしない欲望を重ねるが、一方で言いようもないロマンを感じる気がする。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

さて、本日の18時からラグビーワールドカップ日本大会で南アフリカとウェールズの試合(スタジアムは横浜国際総合競技場)があるが、試合前に演奏される南アフリカ国歌の「神よアフリカに祝福を」を聴くと思うと、今から感慨深いものを感じる。本日はそれを念頭に入れながら、5ヶ国語で歌われる「神よアフリカに祝福を」の歌詞とともに、この国歌が制定されたいきさつなどについて述べてみたい。尚、南アフリカ選手が国歌を歌う画像は2015年のW杯と見られる動画から引用しさせて頂いた。

0港


南アフリカ共和国国歌「神よアフリカに祝福を」和訳


(コサ語)主よ、アフリカに祝福をその栄光が高く掲げられんことを


1コサ語


(ズールー語)我らの祈りを聞き届け、あなたの子である我らを祝福したまえ


2ズールー語


(ソト語)主よ、我らの国を護りたまえ御手によりすべての争いを鎮めたまえ我らと我らの国を護りたまえこの南アフリカの国を


3ソト語


アフリカーンス語)我らの上なるこの青き空より我らの海の深みよりこだま渡る険しき永遠なる山々より


4アフリカーンス語


(英語)共に来たれと呼ぶ声がある我らは共に立ち上がる自由のために生き、さあ励もう南アフリカ!我らの国


5英語

南アフリカの国土は広く日本の3・2倍ほどである。人口は日本の約半分の6000万人弱である。公用語として英語、アフリカーンス語、ズールー語などが認められているものの、公用語として機能しているのは英語であるという。アフリカーンス語やズールー語などは仲間内で話すときに使われる言葉のようである。

6基礎知識

母語話者というのは自分の母国言語を話す人の割合である。統計で調べたわけでないが、南アフリカは様々な人種が集う国なので多国語を話す人が多い気がする。

7母国語者

英語以外に九つの言語が存在するが、言語の多様性には驚かざるを得ない気がする。分布を見ると、移住した白人(主にオランダ系)が南西部に集中しているのがわかる。

南アフリカ国歌Cornelis Jacobus Langenhovenによってアフリカーンス語で作詞された「南アフリカの叫び」と元々、賛美歌としてメソジスト学校の教師によって作曲された「神よ、南アフリカに祝福を」の複合歌である。現在の南アフリカ国歌である神よアフリカに祝福をは5ヶ国語で歌い上げられる稀なるアンセムである。

1997年制定のこの国歌の背景にはアパルトヘイトを乗り越え、々な民族の融合を図った故ネルソン・マンデラ大統領の裁量が大きい。

8言語の分布

ネルソン・マンデラ(1918〜2013)

1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受けた。約27年にわたる獄中生活を経て、1991年にアパルトヘイトを撤廃に導き1993年、デクラーク大統領(当時)とともにノーベル平和賞を受賞。1994年には全人種が参加する初めての選挙でアフリカ民族会議(ANC)を率いて大統領に就任した後、1999年まで大統領を務めた。


9ネルソン・マンデラ

横町挨拶
現在の南アフリカの国情を見ると失業率が20パーセント台と高いのが気になります。但しGDPは確実に上向いてきており、この国の明るい将来を祈らずを得ません。同国の国歌に視点を移せば、世界広しと言えどこれほどダイバーシティー&インクルージョン(多様性と共存共栄の理想郷)の精神の大切さを訴える国歌は存在しません。 リンク動画は2012年におけるラグビーの試合前と思しき神よアフリカに祝福を」ですが、往時はアパルトヘイト撤廃からまだ20年も経っていません。


但し各選手の表情からは祖国に誇りを胸に試合に臨もうという気迫が感じられます。この国歌からは故・ネルソン・マンデラの平和へのメッセージ(これからの国際社会が歩もうとしている和平への道のりのヒント)を教えられる気が致します。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。


ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)



9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)