FC2ブログ
Nkosi sikelel' iAfrica South Africa vs New Zealand Rugby Championship 2015


南アフリカ共和国国歌「神よアフリカに祝福を」和訳


(コサ語)

主よ、アフリカに祝福をその栄光が高く掲げられんことを

(ズールー語)
我らの祈りを聞き届け、あなたの子である我らを祝福したまえ
(ソト語)
主よ、我らの国を護りたまえ御手によりすべての争いを鎮めたまえ我らと我らの国を護りたまえこの南アフリカの国を
我らの上なるこの青き空より我らの海の深みよりこだま渡る険しき永遠なる山々より
(英語)
に来たれと呼ぶ声がある我らは共に立ち上がる自由のために生き、さあ励もう南アフリカ!我らの国

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

世界W杯ラグビーで南アフリカが優勝し、ラグビーファンの一部では、さながら南アフリカフィーバーが続いている。南アフリカチームは11月5日と6日の二手に分かれて帰国し、その後は10日あたりまで優勝祝賀パレードが執り行われるという。

南アフリカ国歌の「神よアフリカに祝福を」は独特の高揚感を抱く曲であるが、五ヶ国語で歌われるところに、民族統一の苦労を垣間見る気がする。もしこの歌を英語だけにすれば、アフリカ系の国民に不満を与えるものとなるだろう。そこにコサ語、ズールー語、ソト語とアフリカーンス語を加えたもので、世界広しと言えどこれほどダイバーシティー&インクルージョン(多様性と共存共栄の理想郷)の精神の大切さを訴える国歌は存在しない。 

リンク動画は2015年におけるラグビーの試合前に演奏された神よアフリカに祝福を」である。当初は所々を歌わない国民が多かった(自分の言語のところばかりを歌った)と聞くが、今では全ての南アフリカ選手が曲の最初から最後までを歌う。本日はこの曲を定めるのに関わったとされる故ネルソン・マンデラにポットを当ててみたい。


1国旗

ネルソン・マンデラ(1918~2013)略歴

南アフリカのトランスカイ(現東ケープ州)生まれ。フォートヘア大で学び、1944年にアフリカ民族会議(ANC)青年同盟の創設に参加。1952年、非白人の弁護士として初めて法律相談所を開設。弁護士となった彼は若くして反アパルトヘイト運動に身を投じることとなった。1961年にANCの武力闘争組織「民族のやり」を創設。1962年に逮捕され、1964年反逆罪などで終身刑となり投獄される1986年に獄中で白人政権との交渉開始、1990釈放された。1993年に同国のフレデリック・ウィレム・デクラークとともにノーベル平和賞を受賞。1994には南アフリカ初の黒人大統領に就任。1995年、日本公式訪問する1999年政界引退する


2ネルソン・マンデラ

今回参考にさせて頂いた文献は長田雅子訳「ネルソン・マンデラ 未来を変える言葉」である。彼の肖像写真をご覧頂きたい。彼の肖像写真の多くは微笑んでいるが、マハトマ・ガンジー、マザーテレサ、ダライ・ラマ14世…と概して徳の高い人物の表情は微笑んだものが多い。


彼の柔和な表情とは裏腹に深く刻まれた皺には、27年間にも及ぶ投獄生活で受けた深い苦悩を重ねる気がする。例え肉体朽ち果てても精神は滅ばず。投獄された多くの思想家がそうであったように、彼の投獄生活には不撓不屈の精神を感ぜずにはいられない。彼は獄中でも読書に勤しみ自己研鑽を怠らなかったという。 そんな彼が残した名言で、特に印象に残ったものを挙げてみたい。


3二冊

先ずは今回のW杯ラグビー優勝にちなんだ言葉を引用したい。


「スポーツはかつて絶望しかなかったところに希望を生み出すことができる。人種的に立ちはだかる壁を打ち砕くにあたっては、政治よりもはるかにパワフルだ。ありとあらゆる種の差別をものともせず、人々を笑顔にさせるのがスポーツの素晴らしさだ。」(2000年5月25日のローレウス世界スポーツ賞生涯功労賞受賞に際して述べられた言葉)


ネルソン・マンデラは1995年に自国で開催されたW杯ラグビーにかなり尽力した経緯があったが、この言葉は彼の本音であり、多くの南アフリカ国民が共感を抱く言葉と解釈している。更にこれは去る11月2日のW杯ラグビーの優勝インタビューでシヤ・コリシキャプテンが述べた言葉とも重なるもので、他民族からなる南アフリカの民族融和の精神の一翼を成すものである。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


次に彼の勤勉さを物語る言葉を紹介したい。

「刑務所に戻りたくて仕方がなかった理由の一つは、釈放後本を読んだり思索にふけったり静かに自己を振り返ったりする機会が殆どなくなったことである。」(2004年6月2日の記者会見において)


アパルトヘイト撤廃に命を懸ける。ネルソン・マンデラにとっては、常に自己研鑽に努めるのが、志を失わない大きな基盤となったものと捉えている。そんな彼の心意気が痛いほど伝わってくる言葉である。意志の堅い者は投獄されても志を奪われないというが、そう言えば我が国の幕末の志士である吉田松陰なども、獄中では物凄いスピードで著物を読み漁ったと聞いている。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


最後に彼の信念であったアパルトヘイト撤廃に関するものを挙げたい。

「南アフリカと言う国やその国民と戦うためでなく、非人道的な制度に反対し、アパルトヘイトという人類に対する犯罪を一日も早く終わらせるために、私たちに力を貸してくれた世界の何百万もの人々、反パルトヘイト運動、政府、組織の代表として私は今日この場に居る。」(1993年12月10日ノーベル平和賞受賞に際しての演説)


アパルトヘイト廃絶という信念に生き、その生涯を南アフリカという国に集う、民族の融和に捧げたネルソン・マンデラの生き様を見事に表した言葉と解釈している。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

横町挨拶
ネルソン・マンデラは獄中生活が長く、或る時期は苦悩の人生を送りましたが、慈愛に満ち溢れた人物と察しております。大変な苦労人であった彼ですが、生前様々な名言を遺しています。本日はその中でも特にインパクトの強い言葉を紹介しました。世界の各地で様々な紛争が発生していますが、彼の生き方は我々に融和の精神を説くものと受け止めております。

全ての人間と上手く付き合うのは難題ですが、これからは彼の生き様をヒントとして少しでも融和の範囲を広げて参ります。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


4六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

南アフリカの国歌は5カ国語が入り混じった
国歌なのですね。
優勝したときのキャプテンの言葉に
南アフリカ 自国には多くの問題を抱えている。
ラグビーをやっている時はひとつになれる。。。
ほんとうに南アフリカの優勝は喜びですよね。

ネルソン・マンデラは南アフリカの初代の大統領なのですね。
過酷な人生をおくられたのにその表情はほんとうに柔和です。

URL | つや姫日記 ID:-

多種の民族からなる南アフリカ…、その国歌もそれを象徴しているのですね…。
その集合体そのものが、南アフリカなのだという強い精神の表れだと思います…。

URL | boubou ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

◆ネルソン・マンデラについて◆
自分の現役時代に、ネルソン・マンデラの精神を理解しようという気持ちが芽生えれば、全く違った人生を歩んだのかも知れません。それでも四十代後半で遭遇した試練は自分にとって「無用の用」だったのかも知れません。人にとっての思想は年代とともに移り変わるものですが、セカンドライフに入ってようやくネルソン・マンデラの精神が受け入れられる心境になってきた気が致します。

◇南アフリカ国歌「神よ、アフリカに祝福を」について◇
当初は何気ない気持ちで聞いていた南アフリカ国歌です。実はこの曲との出逢いは6年以上前の2013年の年始のヤフー時代でした。シチュエーションとしては大航海時代のポルトガルのアフリカ西海岸南下政策の記事にリンクした時です。でもその時はまさか五ヶ国語で歌われる国歌とは夢にも思っていませんでした。その後、或るかたからラグビーでいいYOU TUBEリンクがあると聞いた際、少しだけ気になっていました。

南アフリカ国歌は過去の暗い面を顰めながら、これを見事に封印し他民族国家の明るい将来を抱かせる素晴らしい国歌と認識しております。何よりも国歌を歌う各選手の表情が澄んでおります。中には下を向いて感慨深げに聞く選手もおりますが、全ての選手から愛国心を感じ、自分も感動しながら聞いています。
各選手にはアパルトヘイトを乗り越えたという自負心も感じます。自分はこの国の国歌に人々と誼を通じる極意のようなものを見出しております。この曲の余韻はネルソンの名言と相まって、深く心の中に残る気が致します。

◎御礼◎
お陰様で、今回も真摯なコメントを頂戴致しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

◆南アフリカ国歌について◆
複合国歌を歌うラグビー選手からは熱いものを感じます。先日貴兄からこの国歌が複合歌だとご教示頂き、この国歌に込められた南アフリカを構成する他民族の願い(真の共和国国家を目指す)を重ね、その背後に故ネルソン・マンデラの遺訓を感じました。

◇ネルソン・マンデラについて◇
人権問題が叫ばれて久しいですが、その根底にはダイバーシティー&インクルージョンの精神がございます。様々な困難を跳ね除け、今の南アフリカの礎を創ったネルソンは先見の目を持った人物と捉えています。今回は彼の名言集と伝記を図書館から借りてまいりましたが、朝カフェで読むのを楽しみにしております。

◎御礼◎
おはからいにより、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。


横町利郎さん

ラグビー・ワールドカップをTVで観るまでは
南アフリカは、黒人だけの国かと
思っていました。(勉強不足!)

国歌にいろいろな言語が入っているのですね

マンデラさんの若い頃の画像を
見たことがありますが
眼光鋭いものばかりで、意思の強さを感じました

これからもよろしくお願いいたします(*^^)v

URL | まりっぺ ID:-

今日は、

大きな広い領土で有りながら貧困に喘いでいた
国でした、
世界W杯ラグビーで南アフリカが優勝、
ラグビーでは強い国でしたが今回の優勝で更に世界に名を轟かしましたね、

ノーベル平和賞を受賞してたネルソン・マンデラはあまりにも有名ですね、

URL | 雲MARU ID:-

こんばんは~♬

国歌が、5か国語で歌われているのですね。
どこの国歌も、1か国語と思っていました。
ネルソン・マンデラのことをご紹介いただきありがとうございます。
そう言えば、大河ドラマの吉田松陰も獄中生活でした。どういった本を読んでいたのでしょうかね。

URL | 布遊 ID:-

まりっぺさん、ありがとうございます。

◆南アフリカ共和国の構成民族について◆
南アフリカに旅行されたかたの多くが白人の多さに驚き、建物や通りの街並みからも、「あれ?ここはヨーロッパか?」と思うような雰囲気が漂うと言われます。
南アフリカは17世紀からオランダ人の移住が進んだところで、その後19世紀近くになって豊富な鉱産資源にイギリスが目をつけ、武力による侵攻が行われ英国人が入ってきました。歴史を振り返ればけして白人も一枚岩でないのです。まして黒人の民族も様々で、この国の複雑な成り立ちを重ねます。現在の人種構成は白人が約9%で黒人が約80%となっています。アパルトヘイトが施行されていた頃は支配者としての白人と非支配者(服従者)としての黒人のイメージが色濃く残っていた時代でした。

こうした人種構成を見ますとラグビーでもっと黒人が活躍していいような気が致します。但しこれはアパルトヘイト廃止後の95年にW杯に出場した同国の実情(黒人はたった一人だったと言います)から見れば格段の進歩があります。現存する同国のラグビーチームも6割以上の黒人選手を抱えないと補助金が受け取れない等の縛りがあるようです。

それと決勝戦で対戦したイングランドとはラグビーにかけられる財政が三分の一程度と聞いております。そんな裏事情もあって自分としては開催前からこの国を応援しておりました。様々な困難を克服しての今回の優勝は天晴れと言うしかございません。

♣南アフリカ国歌について♣
世界広しと言えども五ヶ国語で歌われる国歌は存在しません。制定したのはネルソン・マンデラですが、彼の苦労の跡が偲ばれる経緯に感慨深いものを感じます。歌詞の中に過激な言葉が殆ど出て来ない点にも着目です。

◇ネルソン・マンデラについて◇
このかたは聖人に近いおかたという気が致します。それはかつて迫害された白人に大いなる許容力をもって過去の蟠りを流した所以にございます。これはなかなか出来ることでございませんが、この忌々しい過去を許した実績こそがノーベル平和賞を受賞するに相応しい人物と認識しております。

こうした彼の生き方は、今の自分が是非見習わねばならないものと考え、今回記事にすることを決定した次第です。敵対から融和へ至るヒントが彼の名言集には散見されますが、朝カフェなどで近いうちに熟読したいと考えております。

◎御礼◎
お陰様で、本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

◆ネルソン・マンデラと吉田松陰の似ている点について◆
二人とも私を捨て民の為に生きる選択をした人物で、自分の中では聖人と位置づけています。松蔭は刑死して、ネルソン・マンデラとは対照ですが、思想家としては似たところがあり、執筆の題材ともなりそうです。

◇南アフリカ国歌について◇
世界の国歌を見渡せば、独立を勝ち取った様々な国の国歌は独立戦争の際の先人の心情を表したものが多いのですが、この南アフリカ国歌で感心するのは、アパルトヘイト以前の過去への蟠りが一切感じられないところです。自分としてはこれも寛容なる元大統領ネルソン・マンデラの裁量の現われと解釈しています。

◎御礼◎
お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

雲MARUさん、ありがとうございます。

◆南アフリカラグビーチームのW杯優勝について◆
かつて貧困に喘いでいたこの国が新たな国歌理念を基に、アフリカ随一の発展国として世界に力強く羽ばたこうとしています。自分は民族紛争を克服した同国の先進性(アメリカなどの合衆国の例もございますが)に強く引かれるものを感じています。逆境は人を強くしますが、今回のラグビーチームを見て思うのがこの点にございます。

ハングリーさが、彼らを心身ともに強くしたと解釈しています。W杯で通産三回の優勝はニュージーランドと肩を並べる快挙ですが、帰国した選手やスタッフ一同も今頃は同国民の熱い歓喜の渦に囲まれているものと察しております。ここに改めまして、同国の明るい将来を願いたい所存です。

◇ネルソン・マンデラについて◇
ネルソン・マンデラの生き様には深く感化されるものを感じます。これはセカンドライフを歩む自分に、新たなる示唆をもたらしたものと捉えています。

◎御礼◎
お陰様で、今回も真摯なコメントを頂戴致しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

横町利郎様

種々の国の民族からなる南アフリカ国家が
5か国語で歌われているのですね。
ネルソン・マンデラ南アフリカ初の黒人大統領
ノーベル平和賞も受賞していたのですね。
知りませんでした。肖像画は柔和な微笑みの中に
投獄中に苦労したであろう深い絶望の年月
意志の強さが軸になっていたと思います。
改めてラグビーワールドカップ優勝おめでとう
と称えたいです。スポーツによって南アフリカは
希望を取り戻していったのですね。
今日も有意義な記事をありがとうございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

◆ブログにYOU TUBEをリンクさせる意義について◆
自己満足かも知れませんが、音楽リンクありとなしではモチベーションが全く違います。相乗効果と申しますか、今こうして返事を書く際にもヘッドホーンでリンク曲「神よアフリカに祝福を」を聞けることで、キーボードを叩く指が軽くなるのを切に実感しております。自分はこれまでこうしたことを実行したがゆえに、モチベーションを落とすことなく作品を遺すことが出来たと振り返っています。

◇南アフリカ共和国国歌「神よアフリカに祝福を」について◇
この国歌は非常によく出来た曲です。数年前に最初聞いた際はアフリカ的な響きしか感じられなかったのですが、今はダイバーシティー&インクルージョンを感じながら聞いています。
前半はアフリカの言語(三箇国語)で主に神への祈りを趣旨として歌われますが、後半はアフリカーンス語と英語で歌われ、国土賛歌的な要素を深めて行く…これだけで大変味わい深い情感を抱くわけですが、映像的に言えば、その曲のトーンが切り変るところに、青空高く靡く南アフリカ国旗を持ってきている。これには唸らざるを得ません。非常に秀でた演出と捉えています。

♣ネルソン・マンデラについて♣
様々な民族紛争を抱えながら、アパルトヘイトに別れを告げた南アフリカ共和国ですが、私はここに人付き合いの原点(大いなる許容の精神をもって臨む)を見出します。これを国家規模~インターナショナルで成し遂げたネルソン・マンデラは正に尊敬に値する人物と受け止めております。徳をもった人物に共通して言えるのが笑顔の素晴らしさです。自分も是非ネルソンの笑顔にあやかり、公私に渡って共存共栄のスタンスを貫いて参りたい所存です。

□まとめと御礼□
お陰様で、今回も格別なるモチベーションを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)