fc2ブログ

今日の仙台は午後から雨模様で、最高気温が10度とやや寒かった。雪が降るまではまだあるが、木枯らしの吹く季節の到来もそう遠くないことだろう。そんな事情もあり本日は今シーズンの初燗酒を嗜むことにした。


実はツインバード工業社製の酒燗器は今年の4月にも紹介した経緯があるが、その時はFC2ブログを知り尽くしてないがゆえに、TOP画面表示に問題を生じてしまった。


FC2ブログのこのテンプレート(bootstrap_cyborg)では、最初に掲載したTOP画像を消して別な画像を再掲載しても、見出し画面に反映されない(FC2ブログのトレードマークのユニコーンのシルエットのみが表示されてしまう)という欠点がある。本日はそのリベンジのつもりで酒燗器を再度紹介したい。


1燗酒

燗酒好きの作家といって思い当たる人物としては太宰治や井伏鱒二、吉田健一らを思い浮かべるが、冬場に飲む燗酒の有難さは格別であり、古今変らないものを感じる。


白楽天(白居易)などは「卯時(ぼうじ:うどき:明け方の4時~5時)の酒」と題して「 仙人は天から降る露を尊ぶ。だが明け方に飲む酒のたちまち効き目が現れるには及ばない。一杯を手に持って三口飲んで腸に至れば内臓を春が通り抜けるように温まり、日の光が背をあぶるように火照ってくる。五体が快く伸び伸びするばかりか心意気まで大きく広がる。即座に世俗のことは忘れて終日宮仕えのうさも心から消えてゆく。 」などと表している。


白楽天が果たして燗酒を好んだのか、それとも常温で飲んだかは定かでないが、仮に「卯時の酒」を冷え込んだ時節に飲む燗酒を仮定するならば、燗酒愛飲家の心情をこれほど見事に表した作品も珍しい。


2ぼうじ

この酒燗器の特徴は❶温度が55度まで調整できる❷適温をずっとキープできる➌素材が極めて洗いやすく衛生的なことである。情報によると燗酒としての適温は上燗(45度くらい)までで、それ以上熱くするとアルコールが飛ぶという。ただ熱くすればいいというわけでないところに、燗酒の奥深さを感ずるが、この酒燗器を使うと難しい温度管理が難なくできるわけで、酒好きには大変有り難い配慮である。


3上燗酒

そうは言っても45度の燗酒は結構ぬるい。厳寒期にはアルコールが飛ぶのを覚悟の上で、熱燗(50度)やはたまた飛切燗もあるのかも知れない。尚、本日燗酒に用いた酒は先日紹介した合成酒「ほろよい倶楽部」である。

4ランク

横町挨拶
燗酒を飲むといつも思い浮かべるのが白楽天の漢詩「卯時の酒」です。朝酒は未だかつて飲んだことがありませんが、完全リタイヤした暁には飲むのかも知れません。それでも自分は燗酒を、働いた後で飲むことにささやかな幸せを感じています。一風呂浴びてから燗酒を飲んだ後は寝つきが抜群にいいのです。

以前は喉が渇いて夜中に起きることが度々ございましたが、今ではチェイサー(和らぎ水)と合わせて飲んで、喉の渇きに対応しています。(このほうが体にもいいようです)燗酒さえあれば、寒くて辛い冬がちっとも辛くなくなる気さえ致します。(笑)本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。
ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)