fc2ブログ
身長2m超のラインアウトでラグビー衝撃映像!


ラグビーワールドカップ日本大会は11月2日に大成功のうちに終わった。本ブログでも大会が開催された期間にだいぶ記事に取り上げたが、その中で「私はにわかラグビーファンですが…」という声が結構多かった。そんな自分も、国歌にこそ入れ込んでいたが、ラグビーにこれほど夢中になるとは思っていなかった。

動画に登場する女性は自称ラグ女というほどラグビー好きなモデルの山崎紘菜(やまざきひろな)さんである。ラグビー選手は骨太な選手が多く、中には野獣そのものという選手もいる。(笑)特にフォワードなどはゴツくて、皆首が太くて女性からあまりもてそうもないが、さにあらず。気は優しくて力持ちというキャラクターがラグ女には受けているのだろう。

1メニメニコア

モデルの山崎紘菜さんはラグビーにはまった女性の一人である。彼女の存在が今回のW杯日本大会を一層盛り上げてくれたのは間違いのないところである。

2山崎紘菜

彼女と一緒にラグビー関係の番組に登場していたのが安村直樹(日本テレビ放送網)アナウンサーである。安村アナは学生時代にラグビーを経験しているという。笑顔が素晴らしく山崎紘菜さんとは名コンビという気がする。


3安村直樹

ユーモアたっぷりにラグビー選手の凄さを何気なく伝える安村アナ。ラグビー経験者は企業からも引っ張りだこである。その理由はやはりチームワークの大切さを十分に知っていると見ていいのではないだろうか?

4顔面直撃

横町挨拶
自分が今回ラグビーに入れ込んだ大きな理由がノーサイド(試合が終わってお互いを讃えあう)の美しさでした。ラグビーは肉弾戦そのものゆえ、試合中に取っ組み合いになることも珍しくありません。それでも試合が終わると敵味方なくハグを交わすスポーツです。これを見ていると彼らは単に肉体的にタフなだけでなく、精神的にもタフであることが理解できます。

テレビでも放送されましたが、オーストラリアの著名な選手などは冬場でも水温10度の中でスイミングをするそうです。ラグビー選手は全体的に体型が逆三角形で筋骨たくましい選手が多いですが、食事の量も半端でなく一日の摂取カロリーは試合がなくても5000~6000キロカロリーで、同年代の成人男子の約2倍のカロリー以上の食事を摂っているそうです。(ちなみにサッカー選手でさえ、一日の摂取カロリーは3000~4000キロカロリー程度です)

それと着目するべきことは、多くのラグビー選手のモチベーションが尋常でなく、そのほとんどがイケイケという印象です(笑)中には暴れん坊もいますが、私にとっては国歌斉唱時の彼らの目の輝きを見るのも楽しみの一つです。彼らはそれだけ純粋なのかも知れません。

次に日本でラグビーの試合が見られるのは来年の1月12日のジャパンラグビートップリーグとのことですが、今から楽しみにしています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)