fc2ブログ
本日は休みを利用して酒燗器の木箱ケースを作った。現状はこの通り、ベースとなった木箱はメロンが入っていたもの(廃物)で、何かの為にとっておいたものである。メロンの木箱はこのまでは酒燗器を入れるには高さが45ミリほど足らない。そこで60ミリほど嵩載せすることにした。左の材料は今回唯一購入した木材(セリアで購入450ミリ×120ミリ×9ミリ)である、

1改造前

私はよくDIYをするのでご覧の通り、大工道具は一通り揃っている。電気ドリルは後で紹介するが、アルミアングルに穴を開ける時のみ使用した。

2道具

先ずは鋸を使って木材を二つに割った。この後メロン箱の寸法に合わせて縦横の材料を切断して加工した。

3二枚割り

メロン箱には内側に掛かり(ズレ止め)がついているので、このズレ止めに60ミリに切断した材料を固定できる。固定は小さな釘(直径1ミリほど)を使った。釘の貫通部はニッパーで切断した。

4釘貫通

次に新たなズレ止めの加工である。ズレ止めの材料はアルミアングルを使った。グラインダーを用いて、65ミリの長さのものを4本加工した。

A切断

アルミアングルを木材に固定するためには、アルミアングルに穴を二箇所開けなければならない。ドリルのキリ先は1・5ミリである。

6アングル穴あけ

アルミアングルの切り口のバリは金ヤスリを用いて落とした。後は釘で取り付けるだけである。

ばりとった

これで完成である。酒燗器もピッタリと収まった。

8内部

完成後の外観。違和感はほとんど感じない。

9完成

横町挨拶
これで満足できる酒燗器収納ケースが完成しました。今日は禁酒日ですが、明日は帰宅してから、さっそく燗酒を楽しみたいと思っています。(笑)本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)