fc2ブログ
 名曲探訪 「新日本紀行」 富田勲 / Isao Tomita 


リンク曲について
この曲は昭和38年から昭和57年の19年間に渡ってNHKで放映された新日本紀行のオープニング曲である。日本各地に伝わる文化や伝統、風習を伝えるこの番組は、激動の昭和の中期~後期にかけて、我々の心に様々な余韻を投げかけるものとなった。

今この曲を聞くと、遠い記憶の中に先人が築いた昭和という時代の全体像の一部が見え隠れしてくる。印象としてはノスタルジーに溢れているが、断片的に今は亡き故人の生き様も走馬灯の如く脳裏に浮かんでくる気がする。

本日は長命のTV番組である新日本紀行と合成酒「日本紀行」の語呂を掛け合わせて、本曲をリンクに及んだ次第である。昭和に生きたかたがたには懐かしい旋律を与える曲と察しいる。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

これが合成酒「日本紀行」1・8リットル入りである。製造企業は愛知県西尾市の相生ユニビオ㈱である。求めた店は業務スーパー仙台一番町店で価格は非常に安価で500円硬貨で釣りが来た。

1正面

日本紀行のパッケージは非常にユニークである。19県ごとに、お勧めの酒の肴を紹介しているのである。例えば北海道なら毛がに、青森県ならするめいか、富山県なら蛍いか、長野県なら信州蕎麦、高知県ならかつお…といった具合である。

2県別1

残念ながら我が宮城県はなかったが、自分の出身県における郷土自慢をあれこれと考えるのも一興でないだろうか?

3県別2

この酒の特徴はまとわりつくようなしつこさが一切ないことである。アルコール度数が12パーセント(清酒は15パーセントが多い)と少な目だが、これが却って燗酒に適したものを感じさせるのである。昔の日本酒はアルコール度数が少なめだった(10パーセント前後)と聞いていたが、日本紀行は合成酒ながらそれに近いのかも知れない。

4成分

2割ほどアルコール度数が少ないということは、よしんば2合(360CC)飲んだにしても、清酒に換算すれば290CC弱しか飲んでない計算になる。だからと言って飲み足らないという印象がないところが、この酒の素晴らしさである。

5木箱

酒燗器はそれにしても便利である。本日の帰宅時は時雨に遭い、木枯らしとまではいかないが、やや寒かった。帰宅してからは厚めのジャンバーを羽織ったが、この燗酒を飲んで人心地を取り戻した気がする。

6卓上

横町挨拶
インターネットで調べると合成酒はけして体に悪くなく、むしろプリン体が少ないなど、メリットさえ有しているようです。味覚が清酒と比べて落ちることもなく、適量さえ弁えれば、合成酒は最高のパートナーになり得る気が致します。

■まとめ■
日本紀行は合成酒にあり勝ちな甘口過ぎることもなく、その条件を高いレベルで満たしているものと考えます。財布にも優しく冬場の酒飲みには大変有り難い存在と捉えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。

(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)