fc2ブログ
 National Anthems - South Africa vs Australia [TRC Rd5 2018] 


全てのオーストラリア人よ 喜ぼう
我らは 若くて自由
労苦に代わる黄金の土地と 富を持つ
我らが故郷は 海に囲まれ
大地は自然の恵みに 溢れんばかり
豊かで稀有な 美しき自然
歴史のページの あらゆる舞台に
楽しい調べで さあ 歌おう
進め 美しのオーストラリア!(アドヴァンス・オーストラリア・フェア!)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ワールドカップラグビー日本大会が終わって既に20日近く経ったが、未だに余韻が冷めやらない自分である。(笑)にわかラグビーファンの名を返上し、これからは一端のラグビーファンとして、この競技をこよなく愛し、これから行われるであろう、武骨で純粋な男たちの魂と肉体のぶつかり合いを心から堪能したいと考えている。次に日本でラグビーの試合が見られるのは来年の1月12日のジャパンラグビートップリーグとのことだが、自分はその時を今から楽しみにしている。

本日はそんな期待を込めて南半球の強豪国であるオーストラリアと南アフリカの国歌をリンクに至った次第である。両国の国歌は自分への応援歌でもある。同時に、数年前に置かれた自分を顧みるものでもある。窮地に追い込まれた自分が、諸外国の国歌によってどんなに勇気づけられたのかは計り知れないものがある。これがなかったら恐らく自分の定年退職は果されなかったのかも知れない。

但し、こうした自分の外国国歌指向は誤解も生んだ。君が代を一切否定していないにも関わらず、記事を更新する度に「私は君が代のほうがいい」などという意見がかなり寄せられたのである。曲として、音楽として気に入ったと述べているにも関わらず、多くの御仁は国歌を愛国心の有無と結びつけて評価してしまう。今宵、私はこうした意見にはっきりと申し上げる。これは全くの曲解である。「自分は日本人であることを誇りに思っている。但し外国国歌が好きなだけなのである。自分のブログはこれまで外国国歌をリンクすることで特化を図ってきたのである。」と。

このオーストラリア選手の国歌斉唱時の精神の高揚ぶりをご覧願いたい。屈強なフィジカルは健全なる精神があってこそのことであり、ラグビーの理念である「一人はチームの為に、チームは一人の為に」という崇高なる精神を重ねるものである。彼らは兵士であり、愛国心に溢れたナイト(中世西欧でいう騎士的な存在)でもある。ラグビーに重視されるものとして「品位、情熱、結束、規律、尊重」が掲げられるが、ラグビー選手たる者はいみじくもこれらの五つの要素を欠くことなく、全てを兼ね備えるべく日々努力しなければならないのである。

1選手

二連休の前となった本日はラグビーの崇高な精神を噛み締めつつ美酒に酔っている。今宵は今週の自分の労務に対する感謝の気持ちも込めて、南半球二箇国の国歌を心行くまで味わいたい。

3燗酒

横町挨拶
本日は外国国歌に関する自分の気持ちを率直に語ってみました。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。

(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)