fc2ブログ
私は冬になるとバイクにハンドルウォーマー(ハンドルカバー)を装着しているが、本日は休日を利して装着を行った。2012年に購入したハンドルウォーマーは今シーズンで7回目となる。

1装着前

このように内側には二つの穴が開いている。

2手前側

小さいほうがクラッチレバー用(右側はフロントブレーキレバー用)の穴で、もう一つの大きな穴はハンドル用のものである。

3二つの穴

上から見るとこうなる。装着は至って簡単である。ミラーハンドルに持たせるのである。しいてコツを述べるならば、内側に引っ張り過ぎない(引っ張りすぎるとハンドルウォーマーがレバーと干渉するので要注意)ことである。

4上から

メーカー純正だと紐での結束だが、信頼性と耐久性を重視してビニール被服電線を使っている。角度はないが、このように2点から引っ張ることで安定感を増すのである。

5固定方法は電線

近場を試運転してみたが、ハンドルウォーマーに手を突っ込む際、’微妙な引っ掛かり’を感じたため、二重構造となっている袋状のカバーの端を安全ピンで縫うことにした。これでより快適な操作性を手に入れることができた。

6案全ピン

横町挨拶
多くのライダーが感じていることと察しておりますが、冬場になるとバイクに乗る意欲が萎えます。その大きな理由が「指のかじかみ」です。気温が0度前後でバイクに乗ると数分後には指の感覚がなくなりレバーの操作に支障を来たします;もちろん安全上でも好ましいことではありません。

分厚い耐寒手袋もありますが、操作性が大幅に低下するのです。(経験あり)かと言って電熱ヒーター式のウォーマーは、飽くまでも私見ですがやり過ぎ(バッテリーを消耗)を感じます。その点コミネハンドルウォーマーは最適と言える気が致します。

今年の冬も大活躍してくれそうな予感を抱いております。こうしたことはもちろんバイクメーカーでは認めていません(と言うかノータッチ)です。ということは飽くまでも自己責任の領域です。本記事を見て真似されるかたは、くれぐれもそのあたりをお含み願いたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)