fc2ブログ
これはつい先日撮影した仙台市青葉区川内の澱橋(よどみばし)である。左側の現在の橋のすぐ西側(上流側)に昔の澱橋の痕跡(レンガ造らしき柱脚)が残っている、資料によると古い橋は1891年(明治24年)に造られたものらしい。

1川内側

川内側(右岸)から角五郎丁(左岸)を望んでみた。新しい橋と古い橋の離隔距離は川内側で数メートル、角五郎丁側で二十数メートルである。手前の蔦のような植物で覆われているのが川内側の残存柱脚構造物である。

2川内側より

角五郎丁側の旧柱脚は現在の澱橋とはかなり離れている。

3角五郎側

航空写真に新旧の橋の位置を落としてみた。あくまでも参考程度にご覧頂きたい。

4新旧の位置関係

新しい橋が出来たのは昭和36年なのでこの明治末期の地図と第二次大戦後の航空写真に出ている橋は旧澱橋と見られる。

5昔の地図

川内側にはこのように古い石製の欄干も残っている。

6石製の欄干

柱脚は今でもこの通り、はっきりと確認できる。


7柱脚跡

川内町内会様のGooブログから引用した、昔の澱橋(1891年竣工)である。桁材はトラス構造となっている。

8昔の柱脚年代不詳

写真で見る限り欄干は石造、左側の手すり(X型)は木製に見える。

9昔の欄干

横町挨拶
補足しますが、新旧の橋の高さは3メートル(新しい橋のほうが高い)ほどあるようです。取り付け道路のカーブの度合いが今とは全く異なるようで興味の尽きないものを感じます。またピア(柱脚)が今と違ってコンクリート造でないところに時代を感じます。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


10六百横町
関連記事
[タグ] 昔の澱橋

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)