fc2ブログ
 Duane Vermeulen | THOR MODE 


リンク動画について
世界ラグビー日本大会は南アフリカチーム(通称:スプリングボグス)が優勝して幕を閉じた。本日はその南アフリカでも特に印象に残った選手を挙げたい。彼の名はドウェイン・フェルミューレンである。南アフリカチームは名前の発音が独特の選手が多いが、彼もその一人である。

彼のポジションはフォワードでも花形と言われるナンバーエイトで、スクラムの最後尾(4列目)の中央に位置することもあって、重量級の体格、突破力、運動量などがトータルで要求されるハードなポジションである。笑わない彼はライオンのようでもあり哲学者のようでもあるが、とにかく怖い(笑)

1怖いドォウェイン・フェルミューレン

柔道のような技で相手を投げ飛ばすフェルミューレン。彼は左利きなのだろうか?突進力も凄いが上半身のパワーも半端でない気がする。この後で彼が反則を取られたのかどうかは不明である。

2怪力

彼は世界でも屈指のナンバーエイトの呼び声が高い選手である。ここまでは、ただ強くて怖いという印象だけだが…

3プロフィール

陽気な選手が多い南アフリカでも彼は結構笑うほうである。ラグビー選手は笑顔の似合う人が多いが、彼もまたその一人である。

4笑顔

去る11月3日の決勝戦でイングランドを破って優勝した際、ほとんどの選手が歓喜を全身で表す中で、彼は男泣きしていた。彼はあまりエキサイトしないほうなので、喜怒哀楽のうちよく見られるのは喜と楽というイメージである。気は優しくて力持ちといったキャラクターである。

幸せそうな家族

横町挨拶
本日は一見怖いながらも人間味に溢れた南アフリカ ナンバー8ドウェイン・フェルミューレンを紹介しました。実は彼は2019年現在、トップリーグのクボタスピアーズにも所属しており、来年の1月12日には彼の出場する試合が見られるようです。(あと三週間ちょっとの辛抱です)W杯での活躍もあって彼への注目度は一層上がることが予想されます。ずば抜けた突進力も魅力ですが、怒れるライオン顔が急変し、笑顔の似合う紳士になるのも楽しみにしたいと思います。(笑)本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


6六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)