fc2ブログ
本日午後から向かったのは青葉区の藤松団地の中にある藤松保存緑地である。先日は北川山というマイナーな地名のつく保存緑地を紹介したが、今回から新たに「仙台市保存緑地の探索」をカテゴリーに加えた。これからどんどん紹介して行きたい所存である。藤松保存緑地北側の道路は画像からはやや伝わり難いが結構な急坂である。

1急坂

藤松保存緑地はこのようにバイクも止められる。(但し走行は不可)もちろん歩行での立ち入りはOKである。

2バイク

保存緑地北側の道路側には仙台市の立札が立てられている。

3立札

地図で藤松保存緑地を確認して頂きたい。昨年末に訪れた北川山保存緑地とは2キロほどしか離れていない。面積は狭く1・04ha(ヘクタール)となっている。

4保存緑地地図

北側に隣接する藤松団地は昭和三十年代に造成された古い団地である。擁壁には玉石が使われていた。

5近隣宅地

尾根に向かうルートにはこのような丸太で簡易的な階段が施されていて、履物はスニーカーで十分である。

6簡易階段

尾根に登ってみた。西側のアングルである。気分はミニワンダーフォーゲルといった感じで、なかなか爽快である。(笑)

7西へ続く尾根道

古い切り株があったが、全体的に保全が行き届いており、歩きやすかった。

8切り株

東側の県道22号線側は急峻な崖となっており、落下防止のためこのようにロープが張り巡らされている。(安全対策もそこそこいいようだ)

9東部止まり

横町挨拶
雪がない年末年始をとことん楽しみたい。そんなコンセプトでスタートしたのがこの企画(仙台市保存林の探索)です。前回の北川山保存緑地と違って藤松保存緑地は人が入れるように配慮がされていて、痒いところに手が届く保存緑地でした。季節が良くなったらハイキング気分で出かけるのも悪くない気が致します。地下鉄南北線を使う時は台原駅で降り、県道22号線に出て北に向かってください。県道22号線側の目印は左手のローソン藤松店になります。ローソンの脇から坂を登れば200メートルほどで到達します。ちろんポタリングとの組み合わせもありです。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)