fc2ブログ
今年の仙台の年末年始はずっと好天に恵まれているが、経験上珍しい気がする。週間天気予報によると1月8日あたりに雪が降るらしいが、本格的な寒波とは異なり最高気温が7度前後と予想されている。その後どうなるかはわからないが、今冬は1月前半までは暖冬という傾向が強いようである。

本日も私は仙台市の保存緑地に出かけることにした。住宅地の向こうに尾根のようになった林があるが、これが本日目指す村上保存緑地である。

1遠くの尾根

村上山保存緑地の位置を地図で確認して頂きたい。面積は0.61haでかなり狭い保存緑地である。

2村上山地図

旧道(中山街道とも根白石街道とも)の一部を覆うようにして存在するのが村上山保存緑地である。この旧道はヤフーブログ時代に何度か掲載したことがあった。文献や古い地図などを見ると昭和三十年代にはまだ山の中という趣であった。探索時の気温は5度くらいでけして暖かいとは言えないが風もなく日差しがあるので探索日和と言える日であった。

3旧道

この建物は非営利活動法人・宮城シュタイナー学園オーストリアのルドルフ・シュタイナーの思想を教育理念とするフリースクール)と言って、子供の健全育成を目的とした内閣府の施設である。保存緑地のほぼ中央に存在している。

4宮城シュタイナー学園

村上山保存緑地の立札である。昭和51年指定ということで、指定からはかなりの年月を経ているようだ。今は埋め立てられた菖蒲沢池が描かれていて興味深いものがある。

5立札

保存林の最高地点と見られる場所である。上段のブロックで積まれた擁壁は今では考えられないが、かなり昔のもののようである。私有地らしく周囲にはフェンスが巡らされており、中に入るのは諦めた。

6最高地点

急勾配の坂の登り口となる辺りである。周囲には民家が建っている。道幅は軽自動車がやっと一台通れるくらいである。

8山道への入口

Google3D立体画像で村上山保存緑地を確認して頂きたい。周囲は住宅地となっている。この辺りの団地の造成は昭和四十年以降である。

9Google3D立体画像

村上山保存緑地の南側には二級河川の梅田川が走っているが、これはその梅田川の対岸から保存緑地を望んだビューである。

10川越のビュー

横町挨拶
本日も昨日に続き仙台市の保存緑地の探索を楽しみました。履物は雪がないのでスニーカーで十分でした。とかく運動不足に陥りがちな年末年始ですが、ウォーキングへの新たな動機付けが出来たことを嬉しく思います。今回はその他にも二箇所の保存緑地を巡りましたので、逐次ブログで紹介してゆきたいと考えています。寝正月とは縁のない正月休みも残り二日ですが、無駄に過ごすことなく有意義に使いたいと考えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)