fc2ブログ
本日は年始休みを利用してブログの整理を行った。ヤフー時代のリンクが未だに残っているのは頭が痛い問題だが、訂正作業を地道に進めて行きたい。整理していて気になったのが自作エッセイ(親カテゴリー)の中の一般エッセイ(子カテゴリー)である。なんと数が238もあって、古い記事は影になってほとんど読まれないと考えたのである。

私は考えた。FC2ブログはカテゴリーが二階層(親と子)になっているのでカテゴリー数がヤフーブログと比べ物にならないくらい増やせるのである。このメリットを使わない手はない。新しいカテゴリーを増設すれば、多すぎる一般エッセイの数を少しでも減らせる。どうせカテゴリーを増やすのならインパクトのあるものを設置したいと思った。

1二百三十八もの記事

本日新設したカテゴリーは「世相を斬る」である。扱う分野は結構広く、政治、社会倫理、事件、事故…がメインと考えている。この手の記事はともすれば論敵が入る可能性があるが、そのリスクも承知の上である。自分としては己の思考を世論に問うという気持ちが強い。

今回移動したのは下記の9記事である。北朝鮮からのミサイル、某パワハラ事件、全体主義思考への批判、マナーとモラル、サラリーマンとしての心得(年代、キャリア別)、アスペルガー症候群のかたへの対応(健常者とは異なった対応が求められる旨)などである。

これによって少しでも過去の記事(ヤフーブログ時代に書いたものがほとんど)が日の目を見ればいいと捉えている。

2世相を斬る

この移動によって一般エッセイの数は13減った。他の四つは「セカンドライフ」というカテゴリーに移動した。全体から見ると僅かだが、読んで欲しい記事を「世相を斬る」にクローズアップ出来たのは、意義のあることと考えている。

3最終エッセイ減

横町挨拶
残念ながら、ブログの記事は古くなればなるほど、ほとんど読まれなくなります。但し例外もあります。それは新しい古いをさほど問われない記事です。歴史や思想・哲学などはその最たるものですが、論評もこれに順ずるものと考えています。実は私の心の中には世相を斬りたい(自他の考えの是非を問う)心情が結構ございます。(例えば或る識者から東北を植民地呼ばわりされたことに異議を唱えるのは、我が先人の名誉を晴らすことにも繋がると考えています。これは先人のみではございません。現代に生きる東北人の名誉を晴らす為に誰かが立ち上がらなければならないならば、自分がその先陣を切ります。)

日常の出来事など差し障りのないことを書けば炎上とは無縁のブログとなりましょうが、自分は敢て炎上のリスクを覚悟で、その領域に足を踏み入れたいと考えています。論敵は大いにウェルカムです。フランスの思想家であるパスカルは「人間は自然のうちで最も弱い葦の一茎に過ぎない、だがそれは考える葦である」と語っていますが、自分こそはその葦になりたいと考えています。

今回はそんな思考に基づき、自分の今後のブログの進むべき方向性について語らせて頂きました。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。
ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


4九百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)