fc2ブログ
4日前の1月10日、版画家(日本画家)川瀬巴水の「日本風景集 東日本篇 石巻の暮雪(1935)」を紹介したが、川瀬の作品があまりにもインパクトが強かったので本日は彼の別な作品にスポットを当ててみたい。

これは「牛堀」という作品である。雪がちらつく中の小舟の様子がノスタルジーを誘う。彼の作品は、古き良き日本の原風景を追ったものが多いようだ。特定の場所を描いてはいるものの、このような風景は日本の各地に点在したに違いない。そのことが、この絵が鑑賞者に対して様々な想像を与えている気がする。

1牛堀

これは「冬」という作品である。彼は雪の日の絵を好んで描いているようだが、水墨画と水彩画を足して二で割ったような作風が凄い。水墨画ではややリアリティに欠けるし、かと言って水彩画ではわびさびを表現するには至らない。その両者の最大公約数をとったのが巴水の絵という気がする。

2冬

これはTwin Island at Matsushima 1941である。日本三景の松島は我が宮城県の誇る景勝地である。夜の海が霞んでいるようで幻想的な印象を受ける作品である。季節は春だろうか?月の反射や雲の掛かり具合などの表現が素晴らしい。

3Twin Island at Matsushima 1941

川瀬巴水(1883~1957)

東京・新橋生まれ。日本画家鏑木清方の弟子になり、伊東深水の影響で版画家に転向。浮世絵版画の新たな世界を切り開き、雪、月、雨など詩情的な風景版画で「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれる。 近代風景版画の第一人者であり、新しい浮世絵版画である新版画を確立した日本各地を旅行し旅先で写生した絵を原画とした版画作品を数多く発表、日本的な美しい風景を叙情豊かに表現し欧米でも著名、浮世絵師の葛飾北斎・歌川広重等と並び称される程評価が高い。


4巴水

横町挨拶
彼の作品はネット検索で数十はヒットするようです。富士山の絵もあるし、海や川などの水辺をテーマとしたもの、寺社仏閣、日本家屋、漁村、農村、桜…とバラエティに富んでいます。その中で一貫しているのは、日本の原風景を美しいと思う彼の信念です。日本人ならば多くのかたが持ち合わせているゾーンを彼は自らの作品で表している気が致します。

彼の作品の素晴らしさは、この時代に育った熟年層のみでなく、若年層にも伝わるものがあると察しております。彼と似た画家では奄美大島に魅せられ、運命をこの島に託した田中一村の写実的日本画を重ねますが、程よさという点で巴水とは一線を画すものと捉えています。機会がありましたら、また彼の作品にスポットを当ててみたいと考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)